金魚とメダカ、アカヒレ、チェリーバルブ、シュリンプが混泳する水槽

 

元はベアタンクの金魚水槽。でも、リシアのコケ取りにレッドチェリーシュリンプを入れ・・・コバエ退治にメダカ、アカヒレを入れ・・・カワコザラガイ対策でチェリー・バルブを入れ・・・。

今はこんな感じ。カオスだけど何故か同居が成立している。不思議な水槽だ。

混泳が成立している最大の要因は大人しい金魚、らんちゅうのおかげ。この金魚、とても穏やかで大人しい。というか、ちょっととろいぐらい。水草(リシアやマツモ)は全く食べないし、レッドチェリーシュリンプが底をうろついていても関心無し。次に入れたメダカ、アカヒレ、チェリー・バルブにも全く関心を示さない。おかげで奇跡的に混泳が成立できている。

今現在の懸念材料は動画にある白い粒々。カワコザラガイだ。当初は手で駆除していたけれど、どんどん増えて収集が付かなってしまった。チェリー・バルブが食べると聞いたので入れてみたが、今のところまだ効果は感じられない・・・。金魚の餌を入れすぎなのかも。そのせいで食べてくれないのかもしれない。

それにしてもこのらんちゅう、餌の食べ方もとろい。自分の知る限り、今までの金魚で一番餌を食べるのが遅い。この大きさなので餌は1回あたり咲ひかり50粒ぐらい?は与えているが、食べ終わるのに20分ぐらいはかかっている。おまけに、メダカやアカヒレが餌を突いていると、優しいのか臆病なのか、その場所を避けて別の餌を食べている。臆病なチェリー・バルブは別として、メダカやアカヒレなどは、もはや金魚を見下している感じだ。

最初は問題が解決次第、熱帯魚は別に移すつもりだった。でも、この水槽、今かなり平和・・・。だんだんこのままでも良い気がしてきた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水草のリシア、野生では本来浮き草らしいので浮かせてみた

リシア

 

金魚水槽の水草をマツモ、アオウキクサからリシアに変えてみた。リシアと言えば、アクアリウムでは大抵水槽の底などに沈めて使うものだろうけど、うちは金魚もいるしベアタンクなのでリシア本来の姿でもある浮き草として使うことにした。

リシアは別名「ウキゴケ」。つまり、浮く苔。でも、アクアリウムの世界ではそれを水底に敷き詰めて草原のように使う。本来は水に浮いている水草なのだから、考えようによっては結構罪深いことをしてる。

そんなリシアだけれども、水槽に浮かせて育てると、これが案外綺麗だったりする。大きく育つと、大きな浮島のようにもなる。でも、問題は長く育てていると、どうしてもコケなどで黒くなってしまうこと。自分は何度かコケコケにしてしまったことがある。

今回はそのコケ掃除をエビに依頼してみた。果たして今回は綺麗な浮島は出来るだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽アクアにレッドチェリーシュリンプ! LEDスタンドで照明も!!

P_20170228_170348_2

 

ベタの入っていた水槽(楽アクア)にレッドチェリーシュリンプを入れてみた。この水槽、便利だけどやはり小さいのが難点。ベタを長期間飼育するには少し不向きで、餌や糞が増えてくるとどうしても汚れが目立つようになる。

そこで、汚れ掃除も兼ねてレッドチェリーシュリンプを入れてみることに。エビならコケも食べてくれるし、餌の量も少なくて済む。エビなら長く維持できそうな感じだ。

この楽アクアという水槽。小さいけど意外と使える。水量の少なさは頻繁な足し水で補えるし、その水替えも足した分の水だけ後ろのタンクに貯まる仕組み。後はそれを捨てるだけなのでとても楽チンだ。

ソイルだけでは殺風景なので、プレミアムモス付き流木を入れてみた。小さくて楽アクアにジャストサイズ。流木付きで800円ぐらい。プレミアムモスも安くなったものだ・・・。

LEDのデスクライトで照明も設置。うまくいけば繁殖したやつを他の水槽に入れようかと目論んでいる。育てば・・・だけど(´・ω・`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオウキクサが舞い、ジャングル化したリシア・モス流木のある水槽

ハナビ、コリドラスがメインの熱帯魚水槽。奥にはかつて綺麗だったリシア、モスを活着させた流木が置いてある。手入れしていないのでジャングル化してはいるが。

最近、この水槽に金魚の餌用にアオウキクサを入れた。すると、このアオウキクサが爆殖し、水面を覆い尽すようになった。そして、ついには水面に留まれなくなったのか、水中を舞うようになった。

浮草なのに・・・。

 

 

水槽の仕様で水流は強め。以前から洗濯機状態なのでは?と思っていが、今回、アオウキクサのおかげでその水流を確かめることが出来た。案の定、グルグルと回っている・・・。ハナビが出てこないわけだ。

それにしても、アオウキクサの勢いが凄い。かつてこの水槽の主はマツモだったが、あっという間に勢力図が入れ替わった。完全にアオウキクサの勝ち。負けたマツモは、枯れはしないものの成長が止まってしまった。

成長スピードでマツモが負けるとは・・・。

とはいえ、水槽を眺める側としては、こちらの方が見応えがある。アオウキクサが沈んでは浮く様子は、見ていてとても癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚、メダカ、アカヒレが混泳するアオコで青水なカオス水槽

金魚水槽がまた青水化した・・・。アオコ・・・というよりは、水槽側面のコケが飛散したことによる青水だと思う。つまりはグリーンウォーターってやつ? 

原因はスポンジフィルターを掃除したため(たぶん)。上部フィルターのようなウールマットでもあれば掃除で舞ったコケを濾しとってくれるのだろうが、スポンジフィルターではそれがなかなかうまくいかない。おまけに掃除してしまったためか、バイオフィルムも減ってしまい全く水中のコケを濾しとってくれない。

そして、どんどん青水化して、今はこんな状態・・・。


水替えしても焼け石に水。白濁りの凝集剤入れてもあまり効果なし。とはいえ、同じ条件でも前は濾せたので、スポンジが詰まってくれば凝集剤も効いてくると思う・・・(たぶん)。

逆に言えば、青水水槽を作りたければ照明を強くして、フィルターを粗目(うちは懐古堂)にすれば、アオコというか青水は簡単に出来る思う。ちなみにフィルターは水中ポンプを連結して吸い上げている。あとベアタンクで砂利は無い。この砂利無しというのも、もしかしたら青水作成の条件かもしれない。

ちなみに、動画で浮いてる浮草はリシア。そして、このコケ対策にミナミヌマエビ入れたら何故かコバエが出てきた。でもって、コバエ退治にアカヒレ入れてみたらあまり効果がなく、それならと今度はメダカを入れてみた。そして、どんどん悪循環にはまるという・・・。どんどん同居者が増えて今はこんな感じになってしまった。

金魚がらんちゅうで、たまたまこのらんちゅうがとろいやつだったのが幸い。アカヒレもメダカも金魚と争って下に落ちた餌をつついている。ミナミヌマエビを大丈夫らしく、なかなか絶妙なバランスで混永が可能となっている(おまけに、このらんちゅうは水草も食べない)。

生体は他にオトシンクルスと石巻貝とヒメタニシ。これ等もコケ対策に入れてドツボにはまったクチ。ヒメタニシは青水で見えないけどけっこう増えてるみたい・・・(見えないだけに怖い)。

なんだろう・・・。ベアタンクで最初は小ぎれいだった金魚水槽が、どんどんカオス化してってる気がする・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヒメランチュウ!? らんちゅうを水槽でミニサイズに飼育!