八景島シーパラダイスには何故水族館だけの年間パスが無いのだろう・・・

八景島シーパラダイス。オープンしたての賑やかさ、キラキラ感が目に焼き付いているのか、この前久々に行ったら、なんとなく、だいぶ・・・時の移ろいを感じた。アトラクションなどにはサビが目立ち・・・。平日なこともあり閑散としていて・・・。どことなく廃墟感を感じてしまった。

水族館好きの自分にとっては、八景島シーパラダイスは自宅からもっとも近くにある水族館。でも、八景島シーパラダイスのことは長らく忘れていた。何故なら、自分にとって水族館と言えば、もっぱら新江ノ島水族館であったから。

新江ノ島水族館は年間パスポートが4,000円。一方、八景島シーパラダイスは10,000円。八景島シーパラダイスの年間パスポートは、水族館の年間パスポートとしてはかなり割高なのだ。また、水族館としての魅力も・・・なので、自ずと八景島からは足が遠のいてしまう。電車で数分。わずか数駅の距離なのに・・・。

八景島シーパラダイスの年間パスポートは水族館以外のアトラクションにも使える。よって、ジェットコースターなどのアトラクションが好きな人にとってはかなりお得・・・なのかもしれないが、自分にとっては全くもって不要でしかない。

八景島シーパラダイスは何故水族館だけの年間パスポートを発行しないのだろう・・・。以前は水族館だけの年間パスポートもあったのだろうか・・・。


205


| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽アクア、水槽とタンクをモーター循環できたら超便利な件

204


ジェックスの便利水槽「楽アクア」。この水槽、オーバーフローで水が後ろのタンクにたまる仕組みで水替えが簡単なのだが、便利ついでに、この水の循環をモーターか何かで外賭けフィルターみたいにずっとやってくれないかな・・・と思う。

それなら後ろのタンクにろ材でも入れておけばそのままフィルターになるし、水替えの時はスイッチ切って後ろのタンクの水を捨てるだけ。かなり便利だ。

水替えが簡単なだけでなく、後ろのタンクがフィルター代わりにもなる。ジェックスさん、これこそまさに「楽アクア」でしょ。

ちなみに、現在、うちの楽アクアにはペアのエンドラーズさんが入居中。真冬で無加温だけど全然大丈夫みたい。

楽アクアの不満点は他に水量不足であることや、フィルター無し、照明別途、ときどき砂利掃除も必要・・・といったところ。まあ、一部無茶な要求もあるけど、もしこれもクリアした時、楽アクアは「楽」どころか「神」の水槽になると思う。

どうだろ? ジェックスさん、楽アクア改良してくれない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い小さい貝、ミズミミズ対策も塩浴!? 塩で駆除できる!?

最近、金魚水槽に小さくて白い貝が大量に発生した。おそらくカワコザラガイ。水槽でよく発生するやつ。いわゆるスネールってやつ。あと、ミズミミズも。ミズミミズにしては小さくてウネウネしてるので違うかな?とは思うけど、名前が分からん・・・。とりあえずミズミミズってことにしてる。

最初は掃除してればそのうち消えるだろ・・・と思っていた。でも、白い小さい貝のほうがどんどんと増えていった。一方、ミズミミズのほうは数はあまり変わらないけれど、相変わらずガラス面をウネウネと凄いスピートで動き回っている。こちらは遠目で見る分にはあまり気にならない。アップで見るとかなりキモイけど・・・。

そうこうしてるうちに、今度は水槽の主である金魚(らんちゅう)の餌食いが悪くなってきた。ここまでくると、さすがにこれはヤバいと思い、ついに塩を入れた。とりあえず0.3パーセントの塩浴。60センチ水槽で約150グラムあまり。結構な量。ドボンと入れると砂山が出来るほどに・・・。

翌日。驚くことに、何があったの?と思うほどに、白い小さい貝が激減していた。完全に駆除はできたわけで無いけれど、その数は目で数えられるほどの少なさに。これにはちょっとビックリ。貝が塩で死ぬのか?って感じで。あと、ウネウネ動き回っていた白い虫も。こちらはほとんどいなくなっている。マジか?ってぐらいに駆除できている。

塩って凄いかも・・・。塩浴なんてちょっとバカにしてたけど、やっぱり有効な方法なのかも。

というより、カワコザラガイと思っていた貝も、ミズミミズと思っていたウネウネ虫も、もしかしたら別の何かだったのかも・・・。塩で死ぬナメクジ的な。だって、そうじゃないとここまで激減する説明がつかないし。

水槽やってもう10年近くなるけど、こんなことは初めて。でもまあ、塩浴の効果を再確認できたことは収穫だった。水槽の調子がおかしくなった時、薬浴やリセットをする前に、一度は塩浴を試すべきかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚とミナミヌマエビの同居は相性しだい!? 混泳可能なケースも!!

エビにとって金魚は捕食者。よって、普通に考えればエビと金魚の同居、混泳はできない。しかし、金魚にもそれぞれ性格があって、臆病な金魚もいれば、餌の時間になると他の金魚を排除しようとする気の荒いやつもいる。つまり、そう考えると、場合によってはエビとの同居、混泳も可能となるのでは?と思うのである。

うちにいる金魚が良い例で、15センチに達する金魚にも関わらず、エビ(ミナミヌマエビ)との同居、混泳が可能となっている。うちの金魚はとにかく臆病な金魚で、水槽にいきなり近づこうものなら慌てふためくように逃げる。また、餌の時間でも、ミナミヌマエビがいると、その餌になかなか近寄ろうとしない。驚くことに、金魚なのにミナミヌマエビを怖がっているのだ・・・。

 

 


うちの水槽にいるミナミヌマエビは金魚をあまり怖がっていない。水槽に入れた当初はマツモやリシアの浮き草やスポンジフィルターに隠れていたが、しだいに金魚に慣れてくると、大胆にも水槽の底をツマツマと歩くようになった。ベアタンクの水槽で、頭上には大きな金魚が泳いでいるのに・・・。

それどころか、最近では金魚の餌を強奪に来るツワモノが登場した。うちの金魚はかなりのんびりしているのだが、それでも、さすがに餌の時間になると興奮状態になる。水槽に落ちた餌を猛烈な勢いで食べるのだが、それでもミナミヌマエビはひるまない。俊敏な動きで餌(咲ひかり)に近づき、餌を奪い、抱え込む。

うちの金魚にとっては、ミナミヌマエビに抱え込まれてしまってはもうお終いらしい。たとえ餌が見えていても・・・。

エビが金魚に慣れる一方、金魚のほうはエビになかなか慣れないという・・・。なんとも不思議で面白い光景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアリウムバスとは? 金魚や熱帯魚、水草の即売会!?

アクアリウムバスというイベントがあるらしい・・・。でも、アクアリウムバスとは何ですか?って感じ。そこで、公式サイトを見てみると、主催者いわく「熱帯魚をはじめ、爬虫類、小動物、両生類から水草専門店や、ハンドメイド、アートグッズなど様々なジャンルのお店が集まった生き物関連の即売会」とのこと。

つまり、「生き物関連の即売会」ということらしい。生き物関連のものであれば何でもOKらしい。水槽も持ち込み可なので生体も販売されているのだろう。また、メーカーやお店だけでなく、個人も参加できるらしい。イメージ的には、アクアなコミケといったところか。

 


前回の様子 AQUARIUM BUS Vol.13 イベントレポート

  

イベントの会場は東京都台東区にある東京都立産業貿易センター。開催日は11月26日(日)。第14回って言うから結構長く続いているらしい。知らんかったけど。

入場料は1,000円。出店料は個人で10,000円。これはちと高いかも。近所だったら行くかもしれんけど、遠くの人はどうなんだろう?と思ってしまう。

金魚好きとしては金魚の販売が気になるところ。出店者リストを見るとびれっじふぃーるどの名前があるので、金魚の出品もありそうだ。台東区って土地柄に少し期待感も。上物金魚や愛好家所有の金魚が出ないものだろうか・・・。

うちからは約2時間。水槽に余裕はある。さて、どうしよう (`・ω・´)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«金魚の餌メーカーに要望! 柔らかく大きめの沈下性の餌が欲しい!!