チェリーバルブ、アカヒレに餌を食べられる金魚(らんちゅう)

らんちゅう

らんちゅう。メス。性格おっとり。

金魚としては珍しく、餌の時間もさほど狂ったようにならない。餌も同居のチェリーバルブ、アカヒレのほうが真っ先に飛びつく。

金魚としては希少。熱帯魚との混泳ぐだと上手くいくのに、同じ金魚との同居だと上手くいかない。性格がおっとりしているのか、餌を食べる時間がえらく遅い。グルメなのか?と思うぐらいにのろい。自分が餌を一口二口食べている間に残りの餌を全て食べられてしまう。よって金魚との同居はムリ。いつも餌を満足に食べられない。

性格も優しい。チェリーバルブ、アカヒレが餌を突っついていると、そのそばには近寄らない。ミナミヌマエビがいても近寄らない。関心がないというよりは、むしろ怖がっている感じ。でも、熱帯魚やミナミヌマエビが相手ならゆっくり餌が食べられる様子。10分近くかけてゆっくりと完食してる。

金魚には歯のようなものがあるはずだが、このらんちゅうには無いのかもしれない。口の中が奇形とか。画像の餌は比較的柔らかいはずの「おとひめ」だが、この餌でもいつまでもモグモグとやってる。咲ひかりだともっと大変。明らかに堅そうに食べている・・・。

よって、この水槽にはしばらく他の金魚を入れられそうもない・・・。

7月。金魚シーズン到来!なんだけど。(`・ω・´)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐古堂スポンジと水中ポンプを連結して・・・自作金魚フィルター!!

懐古堂スポンジフィルター


うちの金魚フィルターが上のフィルター。懐古堂でお馴染みの金魚用スポンジフィルターと、ジェックスの水中フィルター(コーナーパワーフィルター)を連結したものだ。

スポンジフィルターと言えば、大抵はエアポンプで水を循環させるのが普通。ところが、それだといわゆるブクブクが発生してしまい、水が跳ねる。水槽を設置しているのがリビングやダイニングということもあり、その飛沫に対して家族から苦情が出るようになり、結果的にこういう形となった。

とはいえ、利点もある。水中フィルターなので音が無い。また、CO2が逃げないのか、水草もよく育つ。そして、パワーがあるので多少ろ過容量を増やしてもきちんと水が行きわたる。スポンジを大きくしたり、増やしたりすることができるのだ。

うちは懐古堂の100Sクラスのスポンジを縦に2個連結させている。画像では、たまたま丸いスポンジしか無かったのでそれを連結させているが、将来的には同じスポンジで統一しようと思っている。

そして、最上部にジェックスのコーナーパワーフィルター付属の水中ポンプを連結。これで高さが大体33~34センチぐらいになり、60センチ水槽にちょうどいい高さになる。


コーナーパワーフィルター


水面には画像のようにシャワーパイプを付けてエアレーションを強化。先端にはお茶の急須に付けるゴムを付けて水はねを無くしている。

スポンジと水中ポンプの連結は懐古堂や、他の同系統のスポンジフィルターに付いているパイプで連結できる。コーナーパワーフィルターのほうにも底面フィルター用のジョイントパーツが付いているので、これを使えばうまく連結することができる。

ちなみに、水槽に浮いている水草はマツモとリシア。CO2無しだがすこぶる成長が良い。成長が良すぎて2週間もすれば水面が埋め尽くされるほどだ。

リシア、マツモ欲しい人います?あげますよ (`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚のチェリーバルブはスネール(カワコザラガイ)を食べる!?

201

水槽に白い小さな貝が大発生・・・白いツブツブ・・・明らかにスネール・・・。

とってもとっても取り切れない・・・。

もうリセットか?

と諦めかけていた時、耳よりの情報が!

チェリー・バルブは水槽に発生するカワコザラガイ等の小型のスネール類を食べるため、スネール対策に効果的です」と。

こういう話を聞くと、大抵の人は本当か?ガセじゃないの?と思うことだろう。でも大丈夫。なにしろ、あの天下のチャームさんが言ってることなので。

参照元 (熱帯魚)チェリー・バルブ【チャーム】

と同時に、勝手にスネールとか白いツブツブとか言っていた謎の貝の名前が判明。

カワコザラガイ」。

カワコザラガイ? 川の・・・小皿の・・・貝ってこと? 

まあ、名前の由来が気になるところではあるけれど、早速、近所の熱帯魚屋にてチェリー・バルブを購入。

しかし、これが失敗の始まりだった・・・。

動画にある白いツブツブ・・・。そう・・・。カワコザラガイ健在。

チェリー・バルブさん、全く食べず・・・。

ここで改めて気づく・・・。食べると言っていたのはあくまでもチャーム。そこで売っているチェリー・バルブであったことを。

そして、いくら食べるとは書いてあっても、食べるチェリーさんもいれば、食べないチェリーさんもいるってことを。

初歩的なミス・・・。どうせ水槽に入れるにしても、チャームで売ってるやつにしとけばよかった・・・。そのほうが食べた可能性があったかも・・・。

でもまあ、せっかく入れたんだし? チェリー・バルブも綺麗だからいいじゃない?とも思う。

しかし・・・。この水槽・・・。本来は金魚水槽なのだ・・・。

今はアカヒレもいるしメダカもいるし、ミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプもいるけれど・・・。

そこに今度はチェリー・バルブだ。

もはや金魚水槽というよりは、熱帯魚水槽に金魚を入れたような感じに。

カワコザラガイ健在でタニシも元気。ミナミやレッドチェリーシュリンプも元気。マツモやリシアも入れてみたけれど金魚さん食べてくれず・・・。実に興味深い金魚水槽になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツモ、リシアの増え方が尋常でない金魚水槽

200


なんだろう・・・。金魚水槽に入れたマツモとリシアの増え方が尋常じゃない。1週間前に比べさらに繁殖してる感じ。マツモとリシアはあっという間に増えることは知っているけれど、1か月前まではリシアもマツモもさほど成長する素振りは見せていなかった。

それが、ここにきて急に増えだした。明らかにここ1か月で増え方、繁殖スピードが速くなっている。水草にも旬があるのだろうか。水温が温かくなってきて成長スピードが上がっているとか? そんな話は聞いたことがないんだけれど・・・。

中でもマツモの増え方が凄い。当初は一本だったマツモが、どんどん枝分かれして今や何十本あるのか分からないぐらいに増えている。マツモってこんなに枝分かれする水草だったっけ?と目を疑うぐらいばかりだ。

この水槽は急に青水化したりと時々不思議な動きを見せる。青水を駆逐したと思えば今回はこの有様。ベアタンクが原因なのだろうか・・・。実に不思議な水槽だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リシアとマツモの浮島水槽!? 金魚も食べず爆植中!!

リシアとマツモ

熱帯魚水槽にあった一本のマツモとリシアが金魚水槽で一気に増殖。熱帯魚水槽を上回る勢いで爆植中だ。一緒に入れたミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプも繁殖していて、稚エビもちらほらと見える。リシアはいくつかに分かれ浮島を形成。マツモも一本から何本も枝分かれし、60センチ水槽の横幅を超える長さに伸びている。

金魚はリシアもマツモも食べず。ミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプにも関心が無い様子。ここまで水草やエビに関心がない金魚も珍しいけれど、そのおかげか、期せずして金魚と水草、ミナミヌマエビとの同居が可能となった。

リシアは浮草として入れると、どんどん増えて大きな浮島になると聞いていたけれど、この様子だと近いうちにそうなりそう。エビもいるためか、幸いコケもあまり付いていない。このまま綺麗な緑のままで大きな浮島になりそうだ。

それにしても、リシアは浮かせるほうが綺麗な気がする。マツモも沈めるよりは浮かせた方が綺麗。水の流れにゆらゆら揺れて、まるで清流の中でゆらめくバイカモのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«金魚とメダカ、アカヒレ、チェリーバルブ、シュリンプが混泳する水槽