« 小型水槽で飼育する最適な生体はベタかシュリンプ? | トップページ | 熱帯魚水槽の越冬、水温23度のヒーターでも問題ない? »

ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度は5%

ノロウイルスシーズンということもあり、普段、ペットや金魚、熱帯魚用に使っていた塩素消毒液の濃度を、もう一度正確に確かめてみることにした。

うちでは、ハイターブリーチ(洗濯・衣類用)の次亜塩素酸ナトリウム消毒液で、猫用品や水槽の消毒、メンテナンス用具の消毒などをしている。

普段は500mlのペットボトルにハイター、ブリーチを適当に少しだけ入れ、100均で買ったスプレーキャップを付けて使っている。以前は0.1パーセントの濃度をきちんと量って消毒液を作っていたが、段々面倒になって、終には目分量になってしまっていた。

しかし、よくよく調べてみると、日常の清掃・消毒に使う分には、消毒液の濃度は0.1パーセントも必要ではなく、次亜塩素酸ナトリウム0.02パーセントで足りるらしい。

そこで、ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度を調べようとラベルを見回すのだが、何故か何パーセントであるかが書いていない・・・。 

色々調べた結果、ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は約5パーセントであることが判明(消毒液の作り方と使用上の注意)。正確には、製造段階ではもう少し濃度は高いらしいが、時間の経過や開封により、塩素濃度も少しずつ減るのだとか。

ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度が5パーセントということは、つまりは250倍に薄めれば0.02パーセントの濃度になるわけだ。

水500ml ÷ 250 = ブリーチ・ハイター2ml

500mlのペットボトル消毒液を作るには、ブリーチ・ハイターは2mlで足りるというわけ。たったの2ミリリットル。小さじ1/2弱の量だ。

今までは結構ドボドボと入れていた。大さじ1杯ぐらい入れていた気がする・・・。かなりな高濃度。スプレー後に水洗いしていたとはいえ、よく事故が起こらなかったなって感じだ。

|

« 小型水槽で飼育する最適な生体はベタかシュリンプ? | トップページ | 熱帯魚水槽の越冬、水温23度のヒーターでも問題ない? »

ペット」カテゴリの記事

水槽」カテゴリの記事

熱帯魚」カテゴリの記事

水換え」カテゴリの記事

掃除」カテゴリの記事

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイター、ブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度は5%:

« 小型水槽で飼育する最適な生体はベタかシュリンプ? | トップページ | 熱帯魚水槽の越冬、水温23度のヒーターでも問題ない? »