東錦

金魚を大きく育てる方法 餌は動物性原料がおすすめ!

116

 
金魚の増体、金魚を大きく育てたいなら、餌は嗜好性の高い動物性原料を使った餌が良いと思う。らんちゅうなどでは赤虫をたらふく食べさせるらしいが、自分はどうも苦手。よって市販の餌を使用しているが、金魚の餌・・・ではなく「海水魚の餌」を使っている。

キョーリン「メガバイトレッド」。

この餌、動物プランクトンが含まれていて、とても柔らかい
。つまり、とても嗜好性が高いのだ。小さめの金魚ならMサイズ。10センチを超える金魚ならLサイズがおすすめだ。

金魚の餌といえば小麦粉メインの餌が多く、硬い餌ばかり。金魚は食欲旺盛なので餌ならどんなものでも猛烈な勢いで食べるだろうが、このメガバイトシリーズの餌はその猛烈さが違う。よほど美味しいのか、あるいはよほど柔らかく食べやすいのか、あっという間に食べつくしてしまう。

金魚にとっては、魚粉よりプランクトンのほうが美味しいのかも・・・。

普通の餌に比べ、高たんぱくで高脂肪。柔らかく嗜好性が高いのでどんどん食べる。そして、太る・・・。

メガバイトシリーズは咲ひかりシリーズと同様、生菌剤(ひかり菌)が入っているので消化や体調の心配もそれほどいらない。色々試してきた餌の中では一番の餌だ。もっとも、その分お値段も張るのだが・・・。しかしながら、沈下性で柔らかいのでコリドラスやテトラなどの熱帯魚もこの餌でいける。うちではメガバイトで一石二鳥な感じだ。

□□□
ひかりプレミアムメガバイトレッド 【キョーリン】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚の餌くれダンス! 同じ養魚場ならトリートメント無しでも大丈夫!?

オーロラと東錦


新しい金魚を追加する時、普通ならトリートメントをする等、慎重にも慎重を期して注意しながら水槽に入れる。でも、時々魔がさしたというか、「同じ店で同じ養魚場(志村)だし大丈夫だろ」と勝手に解釈し、ろくにトリートメントもしないで水槽に入れてしまうことがある。

でも、よくよく考えてみると、今まで何回かそうして追加してしまったが、何れも大きな問題にはならなかった。自分の場合は何故か志村養魚場の金魚を選ぶことが多いのだが、画像のオーロラ、東錦の場合もそうだった。オーロラのいる水槽に東錦をトリートメント無しでドボンと入れてしまったのだが、病気もなく、オーロラも東錦もすんなりと相手を受け入れたようだった。

この2匹の金魚は仲が良く、餌の時でさえ相手を押さえつけるような素振りを見せない。同じ池にいた金魚どうしで相手が誰だか分かっているのだろうか。寝る時も仲良く寄り添って寝ている。

以前、金魚屋のお兄さんに「しっかりトリートメントするなら2~3か月は水槽どうしを並べて置いておかないとダメ」と言われたことがある。水槽どうしを並べておくと、フィルターの飛沫などで両方の飼育水が自然に同化するらしい。そうして初めて、双方の金魚を一緒にすることが可能なのだとか。

もっとも、自分はそこまでして新しい金魚を追加したことは無いのだが、要するに、「同じ環境に置いて病気や異常が無ければ一緒に入れても大丈夫」ということだと勝手に解釈している。そうだとすれば、同じ環境にいて同じ免疫を持っている金魚どうしなら、たとえ時間差で我が家に来たとしても、さほど問題にはならないのではないか。

金魚の問屋やお店などはどうしているのだろう? 同じ産地の金魚の場合でもいちいちトリートメントをしているのだろうか。

もし金魚と会話ができるなら、一度聞いてみたいことがある。「おまえら仲良いけど顔見知りなの?」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚がクルクル追いかけっこ! 繁殖は水温18度が適温!?

金魚の追いかけっこ

金魚にも相性はあるみたい。画像の金魚(オーロラと桜東錦)は暇さえあればしょっちゅうクルクルと回りながら追いかけっこをしている。金魚どうしがじゃれあったり遊んだりするのかは分からないが、この2匹は寝る時はいつも寄り添って寝るし、日中はいつもこうやって遊んでいる。

でも、この2匹はオス同士・・・。

なんとなく複雑。金魚といえど相手がオスであることは分かっているだろうに。いや、水温が20度を切るぐらいなので、もしかしたら相手を思いっきり繁殖相手だと勘違いしているのかもしれない。

ところで、金魚の産卵、繁殖に最適な水温は、実は18度前後なんだとか。水温が18度前後になると、オスもメスも繁殖行動のスイッチが入るらしい。つまり、冬から春にかけての18℃と、夏から秋にかけての18℃。年に2回は繁殖に最適な水温があるわけだ。

金魚の産卵といえば水草を用意して自然産卵を待つ形が多いと思うが、プロの養殖家などはこの水温を利用してささっと人工採卵、受精で済ましてしまうらしい。メスのお腹を押して卵を採卵し、オスのお腹を押して精子をかける。採って混ぜて受精させる。実に簡単だ。

こんな技を身に付けることができれば・・・とも思うが、素人には金魚のお腹を押すなんて到底できそうにもない。とはいえ、仕事で忙しい金魚愛好家にとっては人工産卵は大助かり。全てこちらのペースで産卵を管理できるのだから。

金魚の産卵方法は本などでよく紹介されているが、人工受精の方法についての解説はあまり見かけない。自分は長年金魚を育てていながら、実はいまだに一度も意図的な産卵に成功していない。全て偶然の賜物。「あれっ、いつの間に産卵してたのん」って感じ。

自分もいつか人工受精のような方法で繁殖を成功させたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚の東錦(メス)とオーロラ(オス)のお見合い。繁殖する?

 

トリートメント水槽に入れっぱなしだった東錦を、オーロラのいる水槽に入れてみた。東錦はオーロラのいる水槽に入れても全く動じない。東錦はどうやらメスらしく、性格もかなりおっとりしている。

この東錦は目がかなり悪い。生まれつきのものなのか病気のためなのかは分からないが、目の前に餌が落ちても気づかない。よくこれでここまで太ったなとも思うのだが、風貌がマツコ・デラックス並にぼってりしているので、この金魚はこの金魚なりに餌を十分食べてきたのだろうと思う。

とはいえ、2匹は仲良し。しばらく塩水浴は必要だが、この調子ならこの2匹は混泳できそうだ。

この2匹を見ていると、何故か「夜更かし」のマツコと村上を連想してしまう。ボテッとした東錦がマツコで、シュッとしたオーロラが村上。水槽でも、シュッとしたオーロラのがマツコに気を使っている感じだ。

この2匹、禁断の繁殖をするのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)