熱帯魚

獣医師が推薦する金魚、熱帯魚の最高級餌 アドバンスフード

 

アドバンスフード。おそらく金魚の餌としては最高級の餌。20gで400円。100g換算だとおよそ2,000円。最高級の金魚の餌だ。

 

最大の特徴は獣医師推薦の餌であるということ。原材料はオキアミメインの高級素材で、免疫力の強化と消化吸収の良さに配慮した餌となっている。

 

使用した感想は2点。餌がとても柔らかい点と、脂質が多いという点。餌は簡単に潰れる。すり潰せば簡単にパウダー状にもなる。また、餌をまいた後にはうっすらと水面に油が浮く。粗たん白質52%以上、粗脂肪12%以上がその理由だと思うが、パウダー状になるという点では稚魚用にも使えるので便利。

 

この餌、金魚用以外にも熱帯魚用、コリドラス用などラインナップも豊富。でも、金魚用もコリドラス用も成分は同じ。他にも成分が同じものがあるので、魚の口のサイズなどで餌がを分けている様子。うちは金魚用の餌をテトラやエンドラーズ、コリドラスなどにも流用している。その点は餌が1つで済むのでとても便利だ。

| | コメント (0)

水流に逆らって泳ぐエンドラーズ・ライブベアラー

20200630_174724

魚は水流に逆らうように泳ぐ。餌が流れてくるのを辛抱強く待つ。水の勢いに流されないように必死に泳ぐ。

人間も逆境に流されてしまうのではなく、立ち向かって行かなければならない・・・。それが生きるってことか

| | コメント (0)

エンドラーズ・ライブベアラの繁殖力で水槽崩壊

P_20200310_154740_20200311142801

1ペアのエンドラーズ・ライブベアラを衝動買いしたのが運の尽きだったのか、水槽が崩壊気味・・・。マツモ、アオアキクサ投入も虚しく、ソイルにまでコケがつきだした・・・。

わずか8Lほどの水槽に稚魚含め30匹ほど。増える度に知り合いに譲渡するも、もはや貰ってくれる人もいなくなった。過密で水は相当悪くなってるはず。餌も死なない程度にしか与えてない。なのに繁殖は止まらない。絶賛増殖中。

先月はついにペットショップの世話になった。快く引き取ってくれたものの、そう頻繁に行くわけにもいかない。これで水槽大きくしようものならもはやブリーダーと化すかもしれん・・・。

エンドラーズってどこまでの近親交配まで耐えるのだろう・・・。色とか柄とか。心なしかメスの生まれる確率が多くなってきてる気がする。それとも先祖がえり的なアレでオスの発色が無くなってるのだろうか・・・。

ちなみにごの水槽。これだけ過密にも関わらず石巻貝が元気。殻が黒ひげ苔でふさふさになりながらも凄いスピードで移動しまくってる。不思議だ。

| | コメント (0)

水槽のマリモのようなソイルのコケを食べる熱帯魚

P_20191117_145545_20191118173601

水槽の掃除不足かろ過不足か。水槽のソイルに緑のコケが付いてマリモのようになった・・・。

テレビ番組で見た湖底に沈むマリモのよう・・・に見えなくもない。そして意外と綺麗。コケだけど。

そう思ったのもつかの間。水槽の住人の熱帯魚、エンドラーズさんが餌と認識して食べ出した。さすが生命力あふれるエンドラーズさん。環境の変化に対応するのがすこぶる早い。マリモさんもいずれ無くなることだろう・・・。マリモじゃないけど。

エンドラーズさん。どんどん増えるので色ついた頃ペットショップへ持って行って引き取って貰ってる。でも、その時に綺麗な模様の新入りさん連れて帰るので、差し引きゼロと言うか、あまり意味ないようなことをずーっとしてる。

本物のマリモを入れてみようか・・・。

| | コメント (0)

エンドラーズ・ジャパンブルー。オスメス、稚魚も意外と地味


エンドラーズ・ジャパンブルー。ジャパンブルーと言うけれどぜんぜん青くない。案外地味。メスはもっと地味。まあこれは動物の世界では常識だけれども・・・。

衝動買いしたペアが買ってそうそう子供を産んだ。胎生なので卵ではなく子供。すくすく育っている模様。特に稚魚用の餌は与えていないけれど。さすがはグッピー。エンドラーズさん。とても丈夫だ。

うちの水槽では何故かメダカがうまくいかない。子供も産まないし親も長生きしない。でもコリドラスは7年、ハナビは3年近くこの水槽にいる。水は悪くないはずなのだが、何故かメダカは育たない。謎だ。

水草は半月も放っておくとジャングルと化す。水面に浮かんでいるのはアオウキクサ。流木に付いているのがリシア。特にアオウキクサの増殖スピードが凄まじい。リシアもなかな。もっとも、いくら増えても金魚水槽にいるらんちゅうの餌になっている。無問題だ。

当面の課題は平和だった水槽にエンドラーズを入れてしまったこと。稚魚も生まれどんどん増えていきそうな気配。間引く覚悟が必要になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リシアが流木に自然活着! CO2不要で育成可能!?

206

 


リシアがいつの間にか流木に活着してた。このリシア、実は水面に浮き草のように浮かせていたもの。でも、苔で汚くなったのでだいぶ前に撤去したもの。そのリシアが、何故か、人知れず水中で生き残っていた。

このリシア、おそらく水面にあったものが水流で沈み、流木に引っ掛かり、そしてそのまま流木に自然活着したもの(ちなみに現在水面に浮いてるのはアオウキクサ)。

うちの熱帯魚水槽は照明は低光量。ヒーターは無く、CO2は当然ながら無し。ほぼ金魚水槽と言ってもいい条件だ。なのでリシアにとってはあまりいい環境とは言えない。画像にあるように、リシアの緑の色も悪く、形もひょろっとしている。でも、リシアはリシアなのだ。

リシアって水中に沈めるとCO2無しでは育成が難しいっていうけど、案外出来るのかも。もっとも、綺麗に育つかどうかは別の話なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽アクア、水槽とタンクをモーター循環できたら超便利な件

204


ジェックスの便利水槽「楽アクア」。この水槽、オーバーフローで水が後ろのタンクにたまる仕組みで水替えが簡単なのだが、便利ついでに、この水の循環をモーターか何かで外賭けフィルターみたいにずっとやってくれないかな・・・と思う。

それなら後ろのタンクにろ材でも入れておけばそのままフィルターになるし、水替えの時はスイッチ切って後ろのタンクの水を捨てるだけ。かなり便利だ。

水替えが簡単なだけでなく、後ろのタンクがフィルター代わりにもなる。ジェックスさん、これこそまさに「楽アクア」でしょ。

ちなみに、現在、うちの楽アクアにはペアのエンドラーズさんが入居中。真冬で無加温だけど全然大丈夫みたい。

楽アクアの不満点は他に水量不足であることや、フィルター無し、照明別途、ときどき砂利掃除も必要・・・といったところ。まあ、一部無茶な要求もあるけど、もしこれもクリアした時、楽アクアは「楽」どころか「神」の水槽になると思う。

どうだろ? ジェックスさん、楽アクア改良してくれない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアリウムバスとは? 金魚や熱帯魚、水草の即売会!?

アクアリウムバスというイベントがあるらしい・・・。でも、アクアリウムバスとは何ですか?って感じ。そこで、公式サイトを見てみると、主催者いわく「熱帯魚をはじめ、爬虫類、小動物、両生類から水草専門店や、ハンドメイド、アートグッズなど様々なジャンルのお店が集まった生き物関連の即売会」とのこと。

つまり、「生き物関連の即売会」ということらしい。生き物関連のものであれば何でもOKらしい。水槽も持ち込み可なので生体も販売されているのだろう。また、メーカーやお店だけでなく、個人も参加できるらしい。イメージ的には、アクアなコミケといったところか。

 


前回の様子 AQUARIUM BUS Vol.13 イベントレポート

  

イベントの会場は東京都台東区にある東京都立産業貿易センター。開催日は11月26日(日)。第14回って言うから結構長く続いているらしい。知らんかったけど。

入場料は1,000円。出店料は個人で10,000円。これはちと高いかも。近所だったら行くかもしれんけど、遠くの人はどうなんだろう?と思ってしまう。

金魚好きとしては金魚の販売が気になるところ。出店者リストを見るとびれっじふぃーるどの名前があるので、金魚の出品もありそうだ。台東区って土地柄に少し期待感も。上物金魚や愛好家所有の金魚が出ないものだろうか・・・。

うちからは約2時間。水槽に余裕はある。さて、どうしよう (`・ω・´)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チェリーバルブ、アカヒレに餌を食べられる金魚(らんちゅう)

らんちゅう

らんちゅう。メス。性格おっとり。

金魚としては珍しく、餌の時間もさほど狂ったようにならない。餌も同居のチェリーバルブ、アカヒレのほうが真っ先に飛びつく。

金魚としては希少。熱帯魚との混泳ぐだと上手くいくのに、同じ金魚との同居だと上手くいかない。性格がおっとりしているのか、餌を食べる時間がえらく遅い。グルメなのか?と思うぐらいにのろい。自分が餌を一口二口食べている間に残りの餌を全て食べられてしまう。よって金魚との同居はムリ。いつも餌を満足に食べられない。

性格も優しい。チェリーバルブ、アカヒレが餌を突っついていると、そのそばには近寄らない。ミナミヌマエビがいても近寄らない。関心がないというよりは、むしろ怖がっている感じ。でも、熱帯魚やミナミヌマエビが相手ならゆっくり餌が食べられる様子。10分近くかけてゆっくりと完食してる。

金魚には歯のようなものがあるはずだが、このらんちゅうには無いのかもしれない。口の中が奇形とか。画像の餌は比較的柔らかいはずの「おとひめ」だが、この餌でもいつまでもモグモグとやってる。咲ひかりだともっと大変。明らかに堅そうに食べている・・・。

よって、この水槽にはしばらく他の金魚を入れられそうもない・・・。

7月。金魚シーズン到来!なんだけど。(`・ω・´)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚のチェリーバルブはスネール(カワコザラガイ)を食べる!?

201

水槽に白い小さな貝が大発生・・・白いツブツブ・・・明らかにスネール・・・。

とってもとっても取り切れない・・・。

もうリセットか?

と諦めかけていた時、耳よりの情報が!

チェリー・バルブは水槽に発生するカワコザラガイ等の小型のスネール類を食べるため、スネール対策に効果的です」と。

こういう話を聞くと、大抵の人は本当か?ガセじゃないの?と思うことだろう。でも大丈夫。なにしろ、あの天下のチャームさんが言ってることなので。

参照元 (熱帯魚)チェリー・バルブ【チャーム】

と同時に、勝手にスネールとか白いツブツブとか言っていた謎の貝の名前が判明。

カワコザラガイ」。

カワコザラガイ? 川の・・・小皿の・・・貝ってこと? 

まあ、名前の由来が気になるところではあるけれど、早速、近所の熱帯魚屋にてチェリー・バルブを購入。

しかし、これが失敗の始まりだった・・・。

動画にある白いツブツブ・・・。そう・・・。カワコザラガイ健在。

チェリー・バルブさん、全く食べず・・・。

ここで改めて気づく・・・。食べると言っていたのはあくまでもチャーム。そこで売っているチェリー・バルブであったことを。

そして、いくら食べるとは書いてあっても、食べるチェリーさんもいれば、食べないチェリーさんもいるってことを。

初歩的なミス・・・。どうせ水槽に入れるにしても、チャームで売ってるやつにしとけばよかった・・・。そのほうが食べた可能性があったかも・・・。

でもまあ、せっかく入れたんだし? チェリー・バルブも綺麗だからいいじゃない?とも思う。

しかし・・・。この水槽・・・。本来は金魚水槽なのだ・・・。

今はアカヒレもいるしメダカもいるし、ミナミヌマエビやレッドチェリーシュリンプもいるけれど・・・。

そこに今度はチェリー・バルブだ。

もはや金魚水槽というよりは、熱帯魚水槽に金魚を入れたような感じに。

カワコザラガイ健在でタニシも元気。ミナミやレッドチェリーシュリンプも元気。マツモやリシアも入れてみたけれど金魚さん食べてくれず・・・。実に興味深い金魚水槽になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧