水作

投げ込み式フィルター(SPF/CPF)を据え置きに改良してほしい

 


投げ込み式フィルターのスペースパワーフィット(SPF)コーナーパワーフィルター(CPF)。水槽の中に設置するタイプなのでフィルターが水槽内だけで完結。水槽周りがすっきりするのでとても使いやすい。

しかし、ただ一つの難点が、水槽側面に吸盤でくっつけて使わなくてはならないこと。

水槽側面に吸盤で付ける方式は一見場所をとらず便利なように見える。しかし、実際の使用感はかなり不便。フィルターを掃除する時など、水槽の中でフィルターを外したり取り付けたりしなくてはならず、とても面倒なのだ。

その点、据え置き型だと、掃除の際はただ取り出すだけ。設置も砂利やベアタンクに置くだけなので、非常に便利。水作などは水作エイトという名フィルターを生み出したのに、なぜこのタイプだけ水槽にくっつけるのだろうか・・・。

理想の投げ込み式フィルターは、スペースパワーフィットやコーナーパワーフィルターのようなモーター動力のフィルターで、据え置き型のフィルターだ。

水作エイト等、エアリフト式のフィルターは据え置き型が多いのに、スペースパワーフィットやコーナーパワーフィルターのような水中モーター式のフィルターは、なぜ吸盤タイプしか無いのだろうか・・・。謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽アクアにレッドチェリーシュリンプ! LEDスタンドで照明も!!

P_20170228_170348_2

 

ベタの入っていた水槽(楽アクア)にレッドチェリーシュリンプを入れてみた。この水槽、便利だけどやはり小さいのが難点。ベタを長期間飼育するには少し不向きで、餌や糞が増えてくるとどうしても汚れが目立つようになる。

そこで、汚れ掃除も兼ねてレッドチェリーシュリンプを入れてみることに。エビならコケも食べてくれるし、餌の量も少なくて済む。エビなら長く維持できそうな感じだ。

この楽アクアという水槽。小さいけど意外と使える。水量の少なさは頻繁な足し水で補えるし、その水替えも足した分の水だけ後ろのタンクに貯まる仕組み。後はそれを捨てるだけなのでとても楽チンだ。

ソイルだけでは殺風景なので、プレミアムモス付き流木を入れてみた。小さくて楽アクアにジャストサイズ。流木付きで800円ぐらい。プレミアムモスも安くなったものだ・・・。

LEDのデスクライトで照明も設置。うまくいけば繁殖したやつを他の水槽に入れようかと目論んでいる。育てば・・・だけど(´・ω・`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型水槽の水換え・砂利掃除は自作プロホースがおすすめ!

自作プロホース

 

小型水槽やさらに小さい超小型水槽の水換えに便利な自作プロホース(排水ホース)。画像は自分がメダカやベタの水槽(5L)の水換えに使っているプロホースだ。プロホースと言えば水作のプロホースが有名だけれども、スポイトとチューブがあれば自作のプロホースを作ることができる。作り方も簡単だ。

水槽の水替え、砂利掃除は水作のプロホースが定番。しかし、小型水槽やさらに小さい水槽となると、市販品では少し大きすぎで使いにくい。最近でこそ小型水槽用のSサイズのものが販売されているが、それでもメダカやベタなど数リットルの水槽には大きすぎる。砂利を掃除する間もなく水が無くなってしまい、水換えも砂利掃除もしにくい。

そこで自作のプロホースの出番となるわけだ。自作プロホースの作り方はスポイト2本とチューブ一本を用意するだけ。カッターでスポイトをカットする必要があるが、接着剤など特別な材料は必要ない。作り方も簡単だ。

自作プロホースの作り方&使い方(10L以下用)

【材料】
スポイト(ベロペット20ml) 2個
エアーチューブ3m 1本
【作り方】
1. スポイトのじゃばら部分(画像参照)をカット。
2. スポイトの先端を少しカット、チューブを差し込む。

自作プロホースの作り方はこれだけ。実に簡単だ。

スポンサーリンク

 

スポイトのカットはどこを切ってもいいが、自分は画像のように膨らんでいる部分をカットして吸い込み口を大きくした。また、2のスポイト先端部分は、チューブが入る範囲でカットする。このカットで吸い込みの水量、流量が決まるのだが、切らないままだと水量が少ないと思う。逆に、大きくカットすると今度は流量が増えすぎたり、チューブが入らなくなってしまうので注意が必要だ。

使い方は本体を水槽に入れ、チューブをバケツに入れ、その先からもう一つのスポイトで水を吸い出す。もちろん、水槽が高い位置、バケツが低い位置にあることが前提。下からサイフォンの原理で水を吸い出すわけだ。スポイトで水を吸い出すだけなので水槽の水がかき回される心配もない。レイアウトが滅茶苦茶になることもないし、魚がビックリすることもない。

スポイトは20mlを2本としたが、吸い出し用のスポイトは10mlタイプのスポイトでも十分に吸い出せる。10mlのスポイトのほうが若干価格が安いので、これで吸い出しても良いと思う。ただ、砂利の大きさ・掃除のことを考えると、10mlのスポイトを自作プロホースの本体に使用することはおすすめしない。筒の幅が狭くなってしまい、砂利を吸い上げて掃除することが出来なくなってしまう。やはり20mlタイプのスポイトが小型水槽にはちょうどいい大きさだ。

もっとも、これでもあまり大きい砂利だと砂利を吸い上げることが難しくなるんだけどね。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔離・産卵箱でエビ水槽! ルリー& レッドビーシュリンプに最適!?

産卵箱でミニ水槽

水作の隔離・産卵箱(フロートボックス)で作ったエビのミニ水槽。産卵箱にソイルを敷いてウィローモスをレイアウト、水槽に浮かべるだけで簡単に水槽の中にもう1つのミニ水槽を作ることができる。

エビはカラフルなルリー・シュリンプオレンジルリー・シュリンプを入れてみた。エビは比較的丈夫なルリーシュリンプにしたけれども、古めのソイルを使えばレッドビーシュリンプなどを入れても大丈夫だとは思う。

水作の産卵箱は何かと便利。水槽に浮くので管理がとても簡単。隔離や産卵箱として使うケースでも水槽に浮かせるだけで他の生体と簡単に隔離ができる。

以前は外掛け式のサテライトを使っていたけれども、フロートボックスのほうはポンプも要らないので使い易さでは抜群な感じだ。

ちなみに産卵箱にはオスとメスのルリーシュリンプを同居させてある。赤とオレンジの掛け合わせ。どんな稚エビが生まれるのだろう? 

もちろん、繁殖してくれれば・・・の話だけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤レンガのエコアクア、ベタ、金魚、水槽もセール価格で販売中!

エコアクア2011

横浜の赤レンガで開催されていた「エコアクア2011(ECO-AQUA 海の学校2011)」に行く。電車で行けば良いのに車なんかで行くもんだから、案の定、車を止めるのに一苦労・・・。何でみんな休みになると出歩くのかね・・・と思う(オレもだけど)。

プロのレイアウト水槽を見るには入場料が必要だったけど、東京サンマリンでベタを買ったら入場券をくれた。ナイス!って感じ。ここのブースではベタの他にもコリドラスやグッピー、金魚やメダカなどが売ってた。

ベタ

で、買ったベタがこれ。トラディショナルは200円。ダブルテールが400円。クラウンテールは500円で売ってた。本当はショーベタの良いヤツが欲しかったけど、よく見たらクラウンテールは発色の良い生体だったのでこっちをチョイス。グラミーがいる水槽だったけどいまのところ混泳大丈夫みたい。やはりクラウンテールはベタでも大人しいやつが多い感じだ。

で、貰った入場券でプロの水槽レイアウト(A-1グランプリとか言ってた)を見に行く。でも、建物がビニールハウスで出来ていて、入場券無くても見れる感じ・・・。意味無いんじゃね?と思いつつも、しばしレイアウトの仕方や小技を堪能。で、投票した水槽がこれ。

水槽(A-1グランプリ海水)

写真は携帯なのでこれが限界・・・。海水だったけど、淡水でもこういうの、アリかもね。もう1つ良さげな水槽があったけど、こっちは写真の写りがイマイチでした・・・。

水槽(A-1グランプリ淡水)

個人的にはもっと色々な生体が売られていると思ったけど、結局、生体を販売してたのは先の東京サンマリンぐらい。なんとなく消化不良気味。もっとも、エコアクアだけに、生体を売りまくるってのはあまりエコではないのかもしれんけど。

あと、水槽なんかも小型の40センチぐらいまでのやつ、ニューアールだかテトラの有名どこの水槽かかなり安く売ってたし、流木や水草を活着させたミクロソリウムやモスの流木も1,000円ぐらいで売ってた。

教訓、生体の良いやつ欲しかったらペットショップへ行け。

□□□
横浜赤レンガで熱帯魚イベント「エコアクア」 金魚すくい&即売会も!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャワーパイプ、フィルターの水流を弱めるは?

スペースパワーフィットシャワーパイプが良い感じ。見るからに夏らしいし、気化熱で水温を下げる効果もあってなかなかグッドです。でも、普通に横向きの位置で流すと、メダカには水流が強すぎるんだよね・・・。

そこで考え付いたのが、シャワーパイプの向きを上向きにすること。噴水みたいにw

水流を弱く調整すれば、水もパイプをつたって自然に落ちるので水はねもなく静か。おまけに水が空気にふれる時間も長く、水面にも適度なゆれが出来るので酸素供給も十分です。

使ってるのは水作のニュースペースパワーフィット(SPF)っていう投げ込み式のフィルター。形式としては水中モーターなので外部フィルターに比べ場所を食います。最初、小型水槽には邪魔かなとも思ったけど、使ってみるとそれほどでもない感じ。むしろ、フィルターの下がコリドラスにとっては丁度いい隠れ家になってるみたい。また、シャワーパイプとかディフューザーとか、色々な使い方があってかなり便利です。

アクアリウムって、一旦水槽とかいじりだすと、ほんと止められなくなるんですよね・・・。

と、コネタマに無理やり参加してみる(^_^;)

□□□

コネタマ参加中: あなたの“やめられない、止まらない”ことは何?【ココログ選手権】

| | コメント (0) | トラックバック (0)