底面フィルター

底面フィルターに使えるソイルのような砂利! リセットも不要!!

ルリーシュリンプ

このソイル、ソイルっぽく見えるけれども、実は砂利。というか、セラミックでできている。写真ではグレーに見えるけれども、実際はもうちょっと黒っぽい。遠目にはソイルにしか見えない感じだ。

底面フィルター+ソイルの組み合わせは、長くアクアリウムをしている人にとってはある意味理想形だろうと思う。しかし、ソイルを敷くと定期的にリセットが必要になってくるので、なかなか手を出せないでいる人も多いのではないだろうか。

ところが、この「ネオコール」という砂利は、セラミックでできているので形が崩れることが無い。つまり、リセット不要なのだ。見た目もソイルそっくりで、写真にあるルリー・シュリンプなども、ソイルと間違えてか四六時中ツマツマしている。

しかも、構造がセラミック系ろ材と同じなので、別な言い方をすれば、「ソイルのように見えるろ材」と言うこともできる。底面フィルターと組み合わせる砂利としては、まさに最適、最強の砂利と言えるだろう。

ソイルのように見える砂利であり、ソイルのように見えるろ材

ソイルっぽい景観を求める人におすすめ。また、底面フィルターを使用している人にもおすすめできる砂利だ。いや、おすすめでけいるろ材だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底面フィルターにネオコール! 水槽の砂利をセラミックにリセット!!

89_2

何年かぶりに熱帯魚水槽をリニューアル。どうせリセットするなら砂利も新しい砂利に変えてようと思い、かねてから考えていたセラミックの砂利にしてみた。

その名も「ネオコール」。知る人ぞ知るセラミックの砂利だ。

ネオコールとは、主にハイドロカルチャーなどの園芸用として普及しているセラミック砂利だけれども、用途に制限は無く、もちろん水槽などアクア用としても利用可能。熱帯魚の水槽が底面フィルターの一体型水槽だったので、かねてから濾材に近いセラミックの砂利を使ってみたいと思っていたのだ。

底面フィルターを利用している人なら、誰もが一度は「ソイル」を敷いてみたいと思うだろう。普通ならメンテナンスの点で断念するのだけれども、この「ネオコール」であればそれが可能となる。

見た目がソイルそっくり。いや、ソイルそのもの

底面フィルターにソイルを使うと、一般的には1年ごとのリセットが必要となる。この点がネックとなりソイルを使うのを断念するのだけれども、この「ネオコール」であれば粒が崩れないので長期間にわたって水槽を維持できる。つまり、少なくとも1年や2年でリセットする必要がなくなるのだ。

ただし、このネオコールにはソイルのような栄養分は無い。よって水草水槽用として使うには不向き。自分は水草のためのソイルというよりは、水景としてのソイルといったところ。「ソイル風の艶消しブラックの砂利」として使っている。

90

ネオコールの粒は小粒で3ミリから5ミリ程度。上の画像のルリー・シュリンプが2センチぐらいなので、ネオコールの大きさも大体分かってもらえるだろう。見た目は茶色も黒もソイルの茶色と黒と同じ感じだ。自分は黒を使ったけれども、茶色もブラウン系ソイルのような水槽風景になると思う。

そして、ネオコールはセラミックの砂利なので、プロホースでザクザク掃除をしてもソイルのように崩れない。とにかく、フィルターが底面フィルターなので、砂利のようにザクザク掃除がしたいのだ。また、多孔質セラミックなので、大磯などを使うよりは圧倒的にろ過が強力となる。

底面フィルターで砂利の代わりに「ろ材」を使うことは誰もが考えるだろう。でも、誰もがその見た目の悪さで断念する。しかしながら、この「ネオコール」であれば、それが可能となるのだ。つまり、ネオコールは底面フィルターに最適の砂利なのだ。

底面フィルターが人気の割には、何故かそれに合うろ材(砂利)が開発されてこなかった。ネオコールは、くしくもその需要に応えたことになるのかもしれないが、とにかく、そのソイル風の見た目、色、形、大きさは、個人的にとてもオススメだし、底面フィルターにぴったり。

ソイルのような水景を長期間リセット無しで実現できるのだ。

ちなみに、ネオコールの中には木炭が入っているけれども、巷でよく聞く「吸着飽和」の心配は要らない。今は「活性炭は吸着したものを吐き出さない」が正論となっていて、砂利として使っても何の問題も無いそうだ。

□□□
ネオコールとは? 【東洋電化工業】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯魚・金魚初心者におすすめな水槽「カルディア・アクロス」

熱帯魚や金魚を初めて飼おうと思っている人や、どんな水槽とフィルターを選べばいいのか迷っている人におすすめなのが、上にあるジェックスの水槽「カルディア・アクロス」だ。

水槽だけでなくフィルターや照明も全て揃っているオールインワンタイプの水槽で、金魚を飼う人ならこのセットだけで始めることができ、熱帯魚を飼う人はこれにヒーターを買うだけで始めることができる。

また将来、ろ過能力を強化したいと思った時でも、この水槽なら初めから高性能なろ過フィルター(底面フィルター+上部フィルター)が装備されているので、その辺の心配や不満も無い。水量も43Lあるので、10センチを超える大きい金魚でも3匹ぐらいは十分に飼える大きさだ。

一般に販売されている水槽セットは、どちらかと言えばインテリア性に欠け、また水槽の上部をフィルターと照明がふさいでしまい、餌やりや掃除などのメンテナンスがしずらい。しかし、この水槽なら蓋に照明が付いているので、蓋を開けるだけで水槽の上部が大きく開放される。餌やりだけでなく、普段の水換えや砂利掃除など、メンテナンスの際にはとても便利だ。

ろ過フィルターも「底面フィルター+上部フィルター」のダブルろ過で非常に強力。フィルターが2つあるので、「生物ろ過」は底面フィルターで、活性炭やゼオライト、カキ殻などの「吸着ろ過」は上部フィルターで、といった使い方も自由自在だ。

この水槽、非常に良くできた水槽なのだが、大きさが45センチまでなのが玉に瑕。願わくは、60cmタイプの水槽もラインナップに加えてほしいところだ。

□□□
熱帯魚 観賞魚 用品 カタログ ジェックス株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂利の汚れ落とし、底面フィルター掃除にはバクテリアと酵素の力!

水が透明になった水槽

水槽を年末に大掃除してみた。水槽もセットしてから3年経っているし、砂利も汚れがだいぶたまっているだろうと思って。といっても、ザイム33を入れただけだけど。

底面フィルターなので砂利は日頃からプロホースで掃除済み。とはいえ、奧のほう、細かい部分までは掃除が行き届いていないので、この際、酵素の力を借りることにした。砂利掃除=リセットと思っている人も多いとは思うけど、砂利の表面に付いた汚れなどは、実はリセットして丸洗いしても落ちないんだよね。

そこで「酵素」の出番というわけ。洗剤などでもよく「酵素の力」って聞くでしょ。

酵素の力、酵素の分解洗浄力・・・なんて言葉を聞くと、いかにも洗剤みたいで魚のいる水槽に入れるのは論外な感じがするけど、植物由来なのでその辺は大丈夫。生体や水草には全くの無害。むしろ、水草などは光合成に酵素の働きが欠かせないので、かえって状態が良くなる・・・なんておまけがついてくるかもしれない。

酵素にも色々あって、デンプンを分解する「アミラーゼ」やタンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪に効く「リパーゼ」や植物細胞壁に効く「セルラーゼ」 などの様々な酵素がある。実は水槽などの水質浄化には昔からこういう酵素が普通に利用されていたりする。

熱帯魚や金魚などのアクア専用の商品の中にも、水質調整剤やバクテリア剤の形で普通に売られているんだよね。

で、上の写真がザイム33を入れてから2週間ほど経った砂利。写真では分かりづらいけど、砂利のくすみが無くなって若干輝きが戻った印象。酵素の力は長続きしないのであと何回か入れないとダメだろうけど、一応は効果が出ている感じ。

ザイム33は酵素の他に好嫌気性菌(バクテリア)も入っていてアクア専用として有名。他にも、きんぎょ本舗が販売している事で知られているエコ・エクセレントや、イセキのスパークリーンCなど、業務用にも色々あるので砂利やフィルターの汚れが気になる人は一度試してみると良いかもしれない。

酵素の力でシャツが白くなるなら、砂利やフィルターだって綺麗になるはずだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上部や外部、外掛けと底面フィルターの直結は半連結がベスト!

ろ過能力アップのため、底面フィルターに外掛けフィルターや上部、外部フィルターを直結する人が多いけど、ニッソーによれば、実は「直結」よりも「半連結」のほうが良いらしい。

ネットなどでも、底面フィルターの立ち上げパイプと、外掛けや上部、外部の吸い込みパイプの径が合うか合わないかといった書き込みをよく目にする。しかしながら、この指摘によれば、底面フィルターと外掛けや上部、外部式フィルターをつなぐなら、そもそも「スカスカ」ぐらいでちょうど良いということになる。

つまり、すき間なく直結してしまうと、モーターの力によって底面フィルターを通る流量が強制的に増えてしまい、底面フィルター本来の生物ろ過の力を発揮できなくなってしまう。また、万が一目詰まりを起こすと、ろ過自体が崩壊することとなってしまう。ちなみに、底面フィルターに使う砂利は大きめの砂利を直に置き、ウールマットなどは使わないほうが良い。

また逆に、外掛けや上部、外部フィルター側から見ても、底面フィルターと隙間無く直結してしまうと、生物ろ過は強化されるかもしれないが、肝心の物理ろ過としての機能を全く発揮できなくなってしまう。

ニッソーによれば、上部や外部、外掛けと底面フィルターを繋ぐ場合は、直結よりも半結(半連結)がベストな繋ぎ方ということになる。つまり、スカスカにつなぐか、外掛けや上部、外部フィルターの吸い込み口にあるストレーナーの半分までを連結するようにして、吸い込みの半分は底面から、もう半分は水中から吸い上げるように連結するのがベストということになる。

そうすれば、底面フィルターの水の通りも本来の使い方(エアーリフト式)と同じぐらいの流量になり、また、水中のゴミ取りは外掛けフィルターや上部、外部式フィルターで出来るようになる。また、底面フィルターの弱点だった物理ろ過も、上部や外部、外掛けフィルターで補うことができるので、まさに一石二鳥となる。

スポンサーリンク

 

また、抜群のろ過能力を誇る底面フィルターも、それ単体で使うには動力源としてエアーポンプを使わなければならないけど、エアーポンプを使うと、どうしても騒音が発生したり、エアリフトによる水のしぶきや飛沫も発生してしまう。

騒音が発生したり、エアレーションの水のしぶきや飛沫が起こる水槽だと、リビングやダイニング、寝室などに置く水槽としては、どうしても衛生的に不向きになってしまう(気にならない人もいますが)。

その点、上部や外部、外掛けと半連結で繋げば、動力は水中モーターとなるので静かになり、水の排水も静かになる。また、ブクブクのようなエアレーションによる泡の発生も無くすことが出来る。水槽のような長期にわたって水が留まるところにはエロモナス菌やレジオネラ菌なども繁殖するので、ダイニングなどに水槽を置く場合は、特に水の飛沫には注意が必要だ。

個人的には、底面フィルターと上部式フィルターが最強の組み合わせだと感じる。なぜなら、上部式フィルターはエアレーション能力が高く、エアーポンプに代わる酸素供給を十分補えるから。もちろん、外掛けフィルターもエアレーション能力は高いので、枠無し水槽ではこちらがベストな選択だと思う。一方、外部式フィルターはどちらかと言えば水草水槽向きのフィルターで、エアレーション的には少し劣るかもしれない。

□□□
外付け+底面直結 Yahoo!知恵袋
ニッソーのバイオフィルター45とフラットフィルターSを連結することはできますか Yahoo!知恵袋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚は熱帯魚よりも水槽の水を汚さない?餌の食べ方が原因?

東海錦

熱帯魚水槽と金魚水槽を管理してて思うこと。「金魚は大食漢だから水を汚す」っていうのは、実は間違ってるんじゃない?ってこと。

餌を食べ残す熱帯魚よりも、餌を丸飲みして食べ残しの無い金魚のほうが、圧倒的に水を汚さないように思う(餌はフレークでなく顆粒を使用)。実際に水槽を管理しててそう思う。PH的にも試験薬的にも。

熱帯魚と金魚の水槽は両方とも底面ろ過。熱帯魚はコリドラスとテトラ、グラミー類で、金魚は豆琉と東海錦。水量と生体数の関係、そして、餌の量も1日1回少量と同じような環境で飼育している。

コリドラスは餌を丸飲みせずに崩しながら食べ、テトラ類は餌を一粒づつ与える訳にもいかないので、やむなく顆粒餌をばら撒いている。しかし、金魚は餌を丸飲みしてくれる。しかも、浮上性の餌なので食べ残しも無し。

水槽には浮き草でアマゾンフロッグピットが浮いているけど、その浮き草の増え方も熱帯魚水槽のほうが圧倒的。それだけ見ても、熱帯魚水槽のほうが高栄養化してるのは明らかで、熱帯魚水槽のほうには油膜まで張っている・・・。

プロホースで掃除していても、熱帯魚水槽のほうは砂利から食べ残しや老廃物がどんどん吸い上げられる。しかし、金魚のほうはほとんど汚れ無し。フンもほとんど分解されているようで、砂利からはあまり吸い上げられない。

一般論では「金魚のほうが水を汚し易いから水槽は大きめに」なんて意見が多いけど、個人的にはむしろ逆な印象。あえて批判を承知で言うなら、「金魚は水を汚さないから小さい水槽でも飼える」と言いたい感じ。

金魚が大きくなって狭くなれば水槽を大きくする必要はあるけど、週に1回水換えを続ける限り、10センチ程度の金魚1~2匹なら30センチ水槽で十分だと思う。むしろ、コリドラスやテトラを10匹飼うには、逆に30センチ水槽では小さすぎるように思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アクアシステムASP方式をろ過砂利でやってみる

熱帯魚初心者でも安心。新規水槽でも早く水ができあがり、魚もすぐに飼うことが出来ると言われているアクアシステムのASP方式。おまけに、水換えや掃除の手間も大幅に省くことが出来るというのだから本当に驚き。

でも、唯一の欠点が、ASP専用のソイルや底面フィルターを使わなければならず、リセットも年1回は必要になるというところ。でも、ASP方式の仕組みを読むと、なんだかノーマルな底面フィルターや砂利でも可能なような気がしてきた。

で、早速やってみるw

とはいえ、既に稼動中の底面フィルターを使用。水槽の砂利を「ろ過砂利 」に変えて、バクテリア剤をASP方式専用の「バイオバランス」に変えただけ。ASP方式の説明をよく読むと、要はバクテリア剤の「バイオバランス」に入っている好気バクテリア&嫌気バクテリアを定着させさえすればOKなようなので。

で、専用のプロジェクトソイルの代わりに、アンスラサイトのろ過砂利を使用。ろ過砂利ならバクテリアも大磯よりは定着しそうだし、なにより、アンスラサイトにはASP推奨ソイルと同様な活性炭的な吸着作用もあるのでね。

一方、フィルターは普通の底面フィルターなので、ASP方式専用のプロジェクトフィルターのように嫌気層のスペースは作れそうもないので、水流を極力弱めてなんとか有機物を分解してくれるようにしてみました。

で、なんちゃってASP方式をスタートさせて3ヶ月。今のところはっきりとした変化は感じられませんが、水の臭いや水量に多少の違いが見られました。水の臭いは以前は水槽の上に顔をやると多少臭っていましたが、今はその臭いがだいぶ弱まった感じ。また、ポンプの水量も以前は1ヶ月もするとちょっと弱まってましたが、今はほとんど変化無しです。

フェイスとピュアブラック

とはいえ、専用システムではないので、水換えと簡単な砂利掃除だけは週1回、または周2回しています。でも、ポンプの吸い上げ部分にあるろ材やスポンジは全く掃除していません。ちなみに、水槽はコリドラスメイン(ハニーグラミーとプレコも)でかなり過密な水槽です。

バイオバランスだけは水換えと一緒に規定量を投入しています。うちの水槽はフェイスで、底面フィルターの吸い上げ部分に側面フィルター(ボールとスポンジ)が付いているのですが、底面フィルターと外部フィルターを直結して利用している人なとは、上手くいけば外部フィルターの掃除もだいぶ省略できるかもしれません。

このまま半年、1年と、フィルターの掃除無しに維持できたら楽なんだけどな~なんて思ってますが、果たしてどうなることやら。何か変化があれば追記したいと思います。

□□□
アクアシステムASP方式で熱帯魚飼育!【チャーム】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろ過砂利絶好調!コケ無し病気無しで水も透明!

水槽「フェイス」

ろ過砂利、恐るべし・・・。砂利をろ過砂利「ピュアブラック」にしたら、コケが全く出なくなった。水も透明だし、病気も出なくなった。まさかここまで効果があるとはね・・・。

水槽が少し大きくなって、フィルターも底面フィルターになった影響もあるかもしれないけど、明らかにコケの発生率が変わった感じ。以前は週1回はコケ取りしてたけど、ろ過砂利にしてからは1ヶ月以上経ってもまだコケ取り必要なしって感じ。

水槽の水量が6→20ℓに、生体の数が8匹から15匹に、フィルターが水作の「ニュースペースパワーフィットS」から底面フィルターに変わったので、一概には比較できないけれど、感覚的には砂利のおかげって感じです。

この砂利、なかなかおすすめです。ろ過能力を高めたい人はもちろんのこと、砂利を黒にしたい人や、砂利の重さを軽くしたい人にもおすすめです。ちなみに、使用している水槽はこれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底面フィルターでろ過砂利!ウールマットは要らないっぽい

新水槽のコトブキ「フェイス」を新規に立ち上げ中。水槽自体が底面フィルターになっているので、今まで使っていた田砂を止め、「ろ過砂利」なる砂利を試してみる。

同じコトブキのろ過砂利「ろ過砂利」にしようかとも思ったけど、あまりにも白っぽいので却下。次に水槽立ち上げる時は砂利は黒にしようと思っていたので、ジェックスのほうの黒のろ過砂利「ピュアブラック」にしてみる。

コトブキ フェイス

ピュアブラック、正確に言えば「砂利」というよりも「砕いた炭」という感じ。アンスラサイトと呼ばれる新素材のろ過材らしいです。店頭では結構細かい砂利が混じっているようだったので、店員さんに「ウールマットを敷いたほうがいいですか?」と聞いたところ、「うちはウールマット無しでも大丈夫ですよ」とのこと。

底面フィルター、意外にその辺の心配も無いみたい(フェイスは水中モーターだけどね)。

現在、水槽を立ち上げてから1週間経過。2日目にバクテリアを、3日目にはメダカとヤマトヌマエビを、4日目にはコリドラスとグラミーを入れて様子を見ています。

それにしてもこのフェイスという水槽、底面フィルターだけでなく、側面にもろ材を入れるフィルターケースが付いていて、ろ過能力はかなり強力な感じです。

□□□
コトブキ工芸 公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産曲げガラス水槽の美しさ! コトブキ「フェイス」

コトブキ工芸の高級水槽「フェイス」。特殊な曲げガラスを採用した水槽で、上から見ると葉っぱのような形。ガラスは純国産ガラスで、見た目もかなり美しい水槽です。

水槽の幅は50センチX28センチで水量は23リットル。ろ過システム、照明も既にビルトインされていて、他に必要なのは砂利や熱帯魚、水草ぐらい。ろ過システムには強力な底面&側面のダブルフィルターを採用。底面フィルターだけでなく、側面には1リットル容量ぐらいの水中ポンプフィルターまで設置されています。

とはいえ、現在置き場所が無くお蔵入り・・・。最近、安くて丈夫(耐荷重150キロ)なオープンラックを見つけたのでそろそろデビューさせようかなぁとは思うものの、今は時間が無いので設置はしばらく先。デビューさせたらまた写真でも載せようと思ってます。

ところで、底面フィルターってウールマットとか敷いたほうがいいらしいけど、ウールマットって交換が必要だよね? でもさ、底面フィルターだと砂利の下に敷くわけだから、交換したくても交換できないんじゃない?と思うわけ。

底面フィルターってさ、どないなっとんねんヽ(;´д`)ノ

ま、大磯とか礫ならウールマット要らないらしいけどね~。

□□□
コトブキ工芸 公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)