砂利

小型水槽の水換え・砂利掃除は自作プロホースがおすすめ!

自作プロホース

 

小型水槽やさらに小さい超小型水槽の水換えに便利な自作プロホース(排水ホース)。画像は自分がメダカやベタの水槽(5L)の水換えに使っているプロホースだ。プロホースと言えば水作のプロホースが有名だけれども、スポイトとチューブがあれば自作のプロホースを作ることができる。作り方も簡単だ。

水槽の水替え、砂利掃除は水作のプロホースが定番。しかし、小型水槽やさらに小さい水槽となると、市販品では少し大きすぎで使いにくい。最近でこそ小型水槽用のSサイズのものが販売されているが、それでもメダカやベタなど数リットルの水槽には大きすぎる。砂利を掃除する間もなく水が無くなってしまい、水換えも砂利掃除もしにくい。

そこで自作のプロホースの出番となるわけだ。自作プロホースの作り方はスポイト2本とチューブ一本を用意するだけ。カッターでスポイトをカットする必要があるが、接着剤など特別な材料は必要ない。作り方も簡単だ。

自作プロホースの作り方&使い方(10L以下用)

【材料】
スポイト(ベロペット20ml) 2個
エアーチューブ3m 1本
【作り方】
1. スポイトのじゃばら部分(画像参照)をカット。
2. スポイトの先端を少しカット、チューブを差し込む。

自作プロホースの作り方はこれだけ。実に簡単だ。

スポンサーリンク

 

スポイトのカットはどこを切ってもいいが、自分は画像のように膨らんでいる部分をカットして吸い込み口を大きくした。また、2のスポイト先端部分は、チューブが入る範囲でカットする。このカットで吸い込みの水量、流量が決まるのだが、切らないままだと水量が少ないと思う。逆に、大きくカットすると今度は流量が増えすぎたり、チューブが入らなくなってしまうので注意が必要だ。

使い方は本体を水槽に入れ、チューブをバケツに入れ、その先からもう一つのスポイトで水を吸い出す。もちろん、水槽が高い位置、バケツが低い位置にあることが前提。下からサイフォンの原理で水を吸い出すわけだ。スポイトで水を吸い出すだけなので水槽の水がかき回される心配もない。レイアウトが滅茶苦茶になることもないし、魚がビックリすることもない。

スポイトは20mlを2本としたが、吸い出し用のスポイトは10mlタイプのスポイトでも十分に吸い出せる。10mlのスポイトのほうが若干価格が安いので、これで吸い出しても良いと思う。ただ、砂利の大きさ・掃除のことを考えると、10mlのスポイトを自作プロホースの本体に使用することはおすすめしない。筒の幅が狭くなってしまい、砂利を吸い上げて掃除することが出来なくなってしまう。やはり20mlタイプのスポイトが小型水槽にはちょうどいい大きさだ。

もっとも、これでもあまり大きい砂利だと砂利を吸い上げることが難しくなるんだけどね。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底面フィルターに使えるソイルのような砂利! リセットも不要!!

ルリーシュリンプ

このソイル、ソイルっぽく見えるけれども、実は砂利。というか、セラミックでできている。写真ではグレーに見えるけれども、実際はもうちょっと黒っぽい。遠目にはソイルにしか見えない感じだ。

底面フィルター+ソイルの組み合わせは、長くアクアリウムをしている人にとってはある意味理想形だろうと思う。しかし、ソイルを敷くと定期的にリセットが必要になってくるので、なかなか手を出せないでいる人も多いのではないだろうか。

ところが、この「ネオコール」という砂利は、セラミックでできているので形が崩れることが無い。つまり、リセット不要なのだ。見た目もソイルそっくりで、写真にあるルリー・シュリンプなども、ソイルと間違えてか四六時中ツマツマしている。

しかも、構造がセラミック系ろ材と同じなので、別な言い方をすれば、「ソイルのように見えるろ材」と言うこともできる。底面フィルターと組み合わせる砂利としては、まさに最適、最強の砂利と言えるだろう。

ソイルのように見える砂利であり、ソイルのように見えるろ材

ソイルっぽい景観を求める人におすすめ。また、底面フィルターを使用している人にもおすすめできる砂利だ。いや、おすすめでけいるろ材だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底面フィルターにネオコール! 水槽の砂利をセラミックにリセット!!

89_2

何年かぶりに熱帯魚水槽をリニューアル。どうせリセットするなら砂利も新しい砂利に変えてようと思い、かねてから考えていたセラミックの砂利にしてみた。

その名も「ネオコール」。知る人ぞ知るセラミックの砂利だ。

ネオコールとは、主にハイドロカルチャーなどの園芸用として普及しているセラミック砂利だけれども、用途に制限は無く、もちろん水槽などアクア用としても利用可能。熱帯魚の水槽が底面フィルターの一体型水槽だったので、かねてから濾材に近いセラミックの砂利を使ってみたいと思っていたのだ。

底面フィルターを利用している人なら、誰もが一度は「ソイル」を敷いてみたいと思うだろう。普通ならメンテナンスの点で断念するのだけれども、この「ネオコール」であればそれが可能となる。

見た目がソイルそっくり。いや、ソイルそのもの

底面フィルターにソイルを使うと、一般的には1年ごとのリセットが必要となる。この点がネックとなりソイルを使うのを断念するのだけれども、この「ネオコール」であれば粒が崩れないので長期間にわたって水槽を維持できる。つまり、少なくとも1年や2年でリセットする必要がなくなるのだ。

ただし、このネオコールにはソイルのような栄養分は無い。よって水草水槽用として使うには不向き。自分は水草のためのソイルというよりは、水景としてのソイルといったところ。「ソイル風の艶消しブラックの砂利」として使っている。

90

ネオコールの粒は小粒で3ミリから5ミリ程度。上の画像のルリー・シュリンプが2センチぐらいなので、ネオコールの大きさも大体分かってもらえるだろう。見た目は茶色も黒もソイルの茶色と黒と同じ感じだ。自分は黒を使ったけれども、茶色もブラウン系ソイルのような水槽風景になると思う。

そして、ネオコールはセラミックの砂利なので、プロホースでザクザク掃除をしてもソイルのように崩れない。とにかく、フィルターが底面フィルターなので、砂利のようにザクザク掃除がしたいのだ。また、多孔質セラミックなので、大磯などを使うよりは圧倒的にろ過が強力となる。

底面フィルターで砂利の代わりに「ろ材」を使うことは誰もが考えるだろう。でも、誰もがその見た目の悪さで断念する。しかしながら、この「ネオコール」であれば、それが可能となるのだ。つまり、ネオコールは底面フィルターに最適の砂利なのだ。

底面フィルターが人気の割には、何故かそれに合うろ材(砂利)が開発されてこなかった。ネオコールは、くしくもその需要に応えたことになるのかもしれないが、とにかく、そのソイル風の見た目、色、形、大きさは、個人的にとてもオススメだし、底面フィルターにぴったり。

ソイルのような水景を長期間リセット無しで実現できるのだ。

ちなみに、ネオコールの中には木炭が入っているけれども、巷でよく聞く「吸着飽和」の心配は要らない。今は「活性炭は吸着したものを吐き出さない」が正論となっていて、砂利として使っても何の問題も無いそうだ。

□□□
ネオコールとは? 【東洋電化工業】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂利の汚れ落とし、底面フィルター掃除にはバクテリアと酵素の力!

水が透明になった水槽

水槽を年末に大掃除してみた。水槽もセットしてから3年経っているし、砂利も汚れがだいぶたまっているだろうと思って。といっても、ザイム33を入れただけだけど。

底面フィルターなので砂利は日頃からプロホースで掃除済み。とはいえ、奧のほう、細かい部分までは掃除が行き届いていないので、この際、酵素の力を借りることにした。砂利掃除=リセットと思っている人も多いとは思うけど、砂利の表面に付いた汚れなどは、実はリセットして丸洗いしても落ちないんだよね。

そこで「酵素」の出番というわけ。洗剤などでもよく「酵素の力」って聞くでしょ。

酵素の力、酵素の分解洗浄力・・・なんて言葉を聞くと、いかにも洗剤みたいで魚のいる水槽に入れるのは論外な感じがするけど、植物由来なのでその辺は大丈夫。生体や水草には全くの無害。むしろ、水草などは光合成に酵素の働きが欠かせないので、かえって状態が良くなる・・・なんておまけがついてくるかもしれない。

酵素にも色々あって、デンプンを分解する「アミラーゼ」やタンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪に効く「リパーゼ」や植物細胞壁に効く「セルラーゼ」 などの様々な酵素がある。実は水槽などの水質浄化には昔からこういう酵素が普通に利用されていたりする。

熱帯魚や金魚などのアクア専用の商品の中にも、水質調整剤やバクテリア剤の形で普通に売られているんだよね。

で、上の写真がザイム33を入れてから2週間ほど経った砂利。写真では分かりづらいけど、砂利のくすみが無くなって若干輝きが戻った印象。酵素の力は長続きしないのであと何回か入れないとダメだろうけど、一応は効果が出ている感じ。

ザイム33は酵素の他に好嫌気性菌(バクテリア)も入っていてアクア専用として有名。他にも、きんぎょ本舗が販売している事で知られているエコ・エクセレントや、イセキのスパークリーンCなど、業務用にも色々あるので砂利やフィルターの汚れが気になる人は一度試してみると良いかもしれない。

酵素の力でシャツが白くなるなら、砂利やフィルターだって綺麗になるはずだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コリドラス水槽におすすめなレイアウトは? 水草は流木付きが良い?

コリドラス水槽を掃除。ミクロソリウムも1年半ぐらい経つとさすがに小株が増えてボーボー。このまま放置しようかとも思ったけど、小株の黒い根がかなり汚らしい・・・。で、全部削除。ちょっともったいなかったけど、もうこれ以上入れる水槽も無いしね。

34_2

結構すっきり。もっと時間かかるかと思ったけど、案外簡単に終わった。ウィローモスも少しトリミングし、マツモは大幅にカット。全て金魚のえさになりましたw

うちのコリドラス水槽はもっぱら水草付き流木でレイアウト。水草をコリドラスが掘り起こしてしまう心配も無く、植え直す手間も省けるのでね。あと、プロホースで水換えしながら砂利を掃除をする時も、水草が邪魔になることも無いし。

でも、熱帯魚水槽のレイアウトとしてはあまり面白みが無いかもしれんね。

うちのコリドラス水槽、かなり小さいんだよね。レイアウトに結構苦労したというか、水槽自体が狭いので20センチぐらいの流木でもだいぶ低面積をとってしまう・・・。なので、筒の竹炭でリフトアップ。流木は竹炭トンネルの上に配置ですw

ステルバイがトンネルの中からじーっとこっちを見てる・・・。寝てるのか?なんてω

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ろ過砂利絶好調!コケ無し病気無しで水も透明!

水槽「フェイス」

ろ過砂利、恐るべし・・・。砂利をろ過砂利「ピュアブラック」にしたら、コケが全く出なくなった。水も透明だし、病気も出なくなった。まさかここまで効果があるとはね・・・。

水槽が少し大きくなって、フィルターも底面フィルターになった影響もあるかもしれないけど、明らかにコケの発生率が変わった感じ。以前は週1回はコケ取りしてたけど、ろ過砂利にしてからは1ヶ月以上経ってもまだコケ取り必要なしって感じ。

水槽の水量が6→20ℓに、生体の数が8匹から15匹に、フィルターが水作の「ニュースペースパワーフィットS」から底面フィルターに変わったので、一概には比較できないけれど、感覚的には砂利のおかげって感じです。

この砂利、なかなかおすすめです。ろ過能力を高めたい人はもちろんのこと、砂利を黒にしたい人や、砂利の重さを軽くしたい人にもおすすめです。ちなみに、使用している水槽はこれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)