インフルエンザ

水槽で部屋の乾燥対策! 風邪やインフルエンザの予防にも!

冬のこの時期、寒さも一段と厳しくなって部屋の湿度も30%を切る有様・・・。風邪やインフルエンザ、喉の痛みも気になるところだ。

部屋の乾燥対策なら普通は加湿器が真っ先に思い浮かぶけど、実は、部屋に熱帯魚や金魚などの水槽を1台置くだけで、かなりの乾燥対策、保湿効果が見込めるそうだ。

歌手は喉が命・・・ってわけでも無いだろうけど、歌手の人ってけっこう喉のケアをしているみたい。ガクトなどは、自分の部屋に『人工の滝』を作ってまで喉のケアをしているとかいないとか・・・。

とはいえ、一般人は部屋に滝を設置することは到底ムリ。でも、水槽なら一般人でも可能だ。日本観賞魚振興会の実験によれば、水槽を部屋に置くことで、50パーセント台だった湿度が60パーセント半ばまで上昇、そのままその湿度をずっとキープして部屋を加湿したそうだ。

うちも20リットルの水槽をリビングに設置してるけれど、今考えてみれば、その部屋ではあまり喉が痛くならない。水槽が気化式の加湿器と同じような働きをしていたのだろう。冬になると水槽の水がかなりのスピードで減っていた。

もともと自分は風邪を引かない人間ではあるのだけれど、うちでは他にも寝込むほどの風邪・インフルエンザになる人はいない。水槽は計3台あるので、どうやら冬はその恩恵に預かっていたらしい。

どうやら、水槽は天然の加湿器だったらしい・・・( ̄コ ̄?

□□□
購入後すぐに始められる!デビュー「ホワイト」360 【チャーム】

| | コメント (2) | トラックバック (0)