インフルエンザ

新型コロナウイルスの感染予防に水槽で加湿!?

P_20170502_123406

 

新型コロナウイルスの感染予防には手洗い、うがい、マスクの着用、部屋の加湿の4点が大事だとか。手洗い、うがいは新型コロナウイルスが出てからより気を付けるようにしている。普段と違い、外出中も頻繁に手洗いをしていて、消毒用アルコールも携帯している。マスクは残り少なくて少し心配だけれど、政府の発表を信じて3月には手に入ることを願っている。

 

部屋の加湿に関しては、うちの場合は水槽が3つあるので特に手間はかからずに済んでいる。部屋の乾燥対策には水槽があるととても便利。フィルタで水を循環する水槽は気化式の加湿器と原理が同じなので、それだけで十分部屋の加湿ができる。去年まではインフルエンザ対策に活躍していたけれど、今年は新型コロナウイルス対策にも活躍してくれている。例年インフルエンザにはかからす済んでいるので、新型コロナウイルスの感染力が報道されている程度のものであれば、理屈上は例年のインフルエンザと同様、感染せずに済むはずだ。

 

新型コロナウイルスに限らず、ウイルスは喉など上気道で増殖し、やがて下気道へと感染が広がっていくらしい。部屋の加湿が大切なのは、その喉などの粘膜の働きが弱まらないようにするため。特に夜間に寝ている時間が大事。口を開けて寝ている人などはやはり部屋の乾燥対策は重要だろう。その点、うちは水槽での加湿なので24時間フルに加湿してくれている。寝て起きても朝に喉が痛いといったことはほとんど無い。

 

水槽は部屋に一つあれば十分に加湿できる。極端な話、水槽が1つあるということは、部屋に小さなミニチュアの滝が流れているようなものだ。新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪対策にも水槽はおすすめだ。

| | コメント (0)

水槽で部屋の乾燥対策! 風邪やインフルエンザの予防にも!

冬のこの時期、寒さも一段と厳しくなって部屋の湿度も30%を切る有様・・・。風邪やインフルエンザ、喉の痛みも気になるところだ。

部屋の乾燥対策なら普通は加湿器が真っ先に思い浮かぶけど、実は、部屋に熱帯魚や金魚などの水槽を1台置くだけで、かなりの乾燥対策、保湿効果が見込めるそうだ。

歌手は喉が命・・・ってわけでも無いだろうけど、歌手の人ってけっこう喉のケアをしているみたい。ガクトなどは、自分の部屋に『人工の滝』を作ってまで喉のケアをしているとかいないとか・・・。

とはいえ、一般人は部屋に滝を設置することは到底ムリ。でも、水槽なら一般人でも可能だ。日本観賞魚振興会の実験によれば、水槽を部屋に置くことで、50パーセント台だった湿度が60パーセント半ばまで上昇、そのままその湿度をずっとキープして部屋を加湿したそうだ。

うちも20リットルの水槽をリビングに設置してるけれど、今考えてみれば、その部屋ではあまり喉が痛くならない。水槽が気化式の加湿器と同じような働きをしていたのだろう。冬になると水槽の水がかなりのスピードで減っていた。

もともと自分は風邪を引かない人間ではあるのだけれど、うちでは他にも寝込むほどの風邪・インフルエンザになる人はいない。水槽は計3台あるので、どうやら冬はその恩恵に預かっていたらしい。

どうやら、水槽は天然の加湿器だったらしい・・・( ̄コ ̄?

□□□
購入後すぐに始められる!デビュー「ホワイト」360 【チャーム】

| | コメント (2) | トラックバック (0)