混泳

金魚とミナミヌマエビの同居は相性しだい!? 混泳可能なケースも!!

エビにとって金魚は捕食者。よって、普通に考えればエビと金魚の同居、混泳はできない。しかし、金魚にもそれぞれ性格があって、臆病な金魚もいれば、餌の時間になると他の金魚を排除しようとする気の荒いやつもいる。つまり、そう考えると、場合によってはエビとの同居、混泳も可能となるのでは?と思うのである。

うちにいる金魚が良い例で、15センチに達する金魚にも関わらず、エビ(ミナミヌマエビ)との同居、混泳が可能となっている。うちの金魚はとにかく臆病な金魚で、水槽にいきなり近づこうものなら慌てふためくように逃げる。また、餌の時間でも、ミナミヌマエビがいると、その餌になかなか近寄ろうとしない。驚くことに、金魚なのにミナミヌマエビを怖がっているのだ・・・。

 

 


うちの水槽にいるミナミヌマエビは金魚をあまり怖がっていない。水槽に入れた当初はマツモやリシアの浮き草やスポンジフィルターに隠れていたが、しだいに金魚に慣れてくると、大胆にも水槽の底をツマツマと歩くようになった。ベアタンクの水槽で、頭上には大きな金魚が泳いでいるのに・・・。

それどころか、最近では金魚の餌を強奪に来るツワモノが登場した。うちの金魚はかなりのんびりしているのだが、それでも、さすがに餌の時間になると興奮状態になる。水槽に落ちた餌を猛烈な勢いで食べるのだが、それでもミナミヌマエビはひるまない。俊敏な動きで餌(咲ひかり)に近づき、餌を奪い、抱え込む。

うちの金魚にとっては、ミナミヌマエビに抱え込まれてしまってはもうお終いらしい。たとえ餌が見えていても・・・。

エビが金魚に慣れる一方、金魚のほうはエビになかなか慣れないという・・・。なんとも不思議で面白い光景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェリーバルブ、アカヒレに餌を食べられる金魚(らんちゅう)

らんちゅう

らんちゅう。メス。性格おっとり。

金魚としては珍しく、餌の時間もさほど狂ったようにならない。餌も同居のチェリーバルブ、アカヒレのほうが真っ先に飛びつく。

金魚としては希少。熱帯魚との混泳ぐだと上手くいくのに、同じ金魚との同居だと上手くいかない。性格がおっとりしているのか、餌を食べる時間がえらく遅い。グルメなのか?と思うぐらいにのろい。自分が餌を一口二口食べている間に残りの餌を全て食べられてしまう。よって金魚との同居はムリ。いつも餌を満足に食べられない。

性格も優しい。チェリーバルブ、アカヒレが餌を突っついていると、そのそばには近寄らない。ミナミヌマエビがいても近寄らない。関心がないというよりは、むしろ怖がっている感じ。でも、熱帯魚やミナミヌマエビが相手ならゆっくり餌が食べられる様子。10分近くかけてゆっくりと完食してる。

金魚には歯のようなものがあるはずだが、このらんちゅうには無いのかもしれない。口の中が奇形とか。画像の餌は比較的柔らかいはずの「おとひめ」だが、この餌でもいつまでもモグモグとやってる。咲ひかりだともっと大変。明らかに堅そうに食べている・・・。

よって、この水槽にはしばらく他の金魚を入れられそうもない・・・。

7月。金魚シーズン到来!なんだけど。(`・ω・´)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚とメダカ、アカヒレ、チェリーバルブ、シュリンプが混泳する水槽

 

元はベアタンクの金魚水槽。でも、リシアのコケ取りにレッドチェリーシュリンプを入れ・・・コバエ退治にメダカ、アカヒレを入れ・・・カワコザラガイ対策でチェリー・バルブを入れ・・・。

今はこんな感じ。カオスだけど何故か同居が成立している。不思議な水槽だ。

混泳が成立している最大の要因は大人しい金魚、らんちゅうのおかげ。この金魚、とても穏やかで大人しい。というか、ちょっととろいぐらい。水草(リシアやマツモ)は全く食べないし、レッドチェリーシュリンプが底をうろついていても関心無し。次に入れたメダカ、アカヒレ、チェリー・バルブにも全く関心を示さない。おかげで奇跡的に混泳が成立できている。

今現在の懸念材料は動画にある白い粒々。カワコザラガイだ。当初は手で駆除していたけれど、どんどん増えて収集が付かなってしまった。チェリー・バルブが食べると聞いたので入れてみたが、今のところまだ効果は感じられない・・・。金魚の餌を入れすぎなのかも。そのせいで食べてくれないのかもしれない。

それにしてもこのらんちゅう、餌の食べ方もとろい。自分の知る限り、今までの金魚で一番餌を食べるのが遅い。この大きさなので餌は1回あたり咲ひかり50粒ぐらい?は与えているが、食べ終わるのに20分ぐらいはかかっている。おまけに、メダカやアカヒレが餌を突いていると、優しいのか臆病なのか、その場所を避けて別の餌を食べている。臆病なチェリー・バルブは別として、メダカやアカヒレなどは、もはや金魚を見下している感じだ。

最初は問題が解決次第、熱帯魚は別に移すつもりだった。でも、この水槽、今かなり平和・・・。だんだんこのままでも良い気がしてきた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚、メダカ、アカヒレが混泳するアオコで青水なカオス水槽

金魚水槽がまた青水化した・・・。アオコ・・・というよりは、水槽側面のコケが飛散したことによる青水だと思う。つまりはグリーンウォーターってやつ? 

原因はスポンジフィルターを掃除したため(たぶん)。上部フィルターのようなウールマットでもあれば掃除で舞ったコケを濾しとってくれるのだろうが、スポンジフィルターではそれがなかなかうまくいかない。おまけに掃除してしまったためか、バイオフィルムも減ってしまい全く水中のコケを濾しとってくれない。

そして、どんどん青水化して、今はこんな状態・・・。


水替えしても焼け石に水。白濁りの凝集剤入れてもあまり効果なし。とはいえ、同じ条件でも前は濾せたので、スポンジが詰まってくれば凝集剤も効いてくると思う・・・(たぶん)。

逆に言えば、青水水槽を作りたければ照明を強くして、フィルターを粗目(うちは懐古堂)にすれば、アオコというか青水は簡単に出来る思う。ちなみにフィルターは水中ポンプを連結して吸い上げている。あとベアタンクで砂利は無い。この砂利無しというのも、もしかしたら青水作成の条件かもしれない。

ちなみに、動画で浮いてる浮草はリシア。そして、このコケ対策にミナミヌマエビ入れたら何故かコバエが出てきた。でもって、コバエ退治にアカヒレ入れてみたらあまり効果がなく、それならと今度はメダカを入れてみた。そして、どんどん悪循環にはまるという・・・。どんどん同居者が増えて今はこんな感じになってしまった。

金魚がらんちゅうで、たまたまこのらんちゅうがとろいやつだったのが幸い。アカヒレもメダカも金魚と争って下に落ちた餌をつついている。ミナミヌマエビを大丈夫らしく、なかなか絶妙なバランスで混永が可能となっている(おまけに、このらんちゅうは水草も食べない)。

生体は他にオトシンクルスと石巻貝とヒメタニシ。これ等もコケ対策に入れてドツボにはまったクチ。ヒメタニシは青水で見えないけどけっこう増えてるみたい・・・(見えないだけに怖い)。

なんだろう・・・。ベアタンクで最初は小ぎれいだった金魚水槽が、どんどんカオス化してってる気がする・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚とメダカとリシアとミナミヌマエビ!?な混泳水槽!!

金魚とメダカとリシアとミナミヌマエビの水槽


メダカの稚魚に水槽を明け渡すことになったメダカの親たち・・・。さあ、どこに引っ越そうかと考えた結果、金魚水槽に引っ越すことに・・・。

メダカの浮くネット

世の中には便利なものがあるものだ・・・。もともとはメダカ水槽に浮かべて稚魚を入れるつもりで買ったのだが、あまりに大きくて水槽の上部を埋め尽くすほど。そこで、金魚水槽に浮かべ、メダカの親に引っ越してもらうことにした。

ネットを金魚水槽に浮かべ、メダカを泳がせた絵を見ていたところ、ふと思いつく・・・。

「この中なら水草も金魚に食べられないな・・・」と。

そこで、前からやってみたいと思っていたリシアの浮島を作ってみることに。といっても、組織培養?のパックを買ってきて、そのまま浮かべただけ。



■メダカと金魚の混泳水槽(ミナミヌマエビも同居)

素晴らしい・・・。金魚水槽でもリシアはちゃんと育つではないか・・・。というわけで、アオウキクサも入れてみる。

次第にコケづいていき、「ああ、ネットは黒にすべきだった・・・」と後悔しつつ、コケ対策にミナミヌマエビにも同居してもらうことに。ヤマトヌマエビと迷ったが、ヤマトヌマエビは脱走しそうなので却下。案の定、ミナミヌマエビはほとんど脱走せずネットの中で生活している(一部脱走したけど・・・)。

というわけで、金魚とメダカ、リシアと、オウキクサ、ミナミヌマエビが同居する不思議な混泳水槽ができた。といっても、ネットがあるので混泳水槽と呼べるかは微妙だけど(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コリドラスとミクロラスボラ・ハナビの混泳は相性が良い!?

166


うちのコリドラス水槽。もう設置してから6年は経つ。水槽は平和そのもので、当初は流木や水草に凝って色々レイアウトしてみたが、今は流木をドーンと置いて後はマツモなどの水草を浮かせているだけ。

当初、コリドラスはテトラ等と混泳させていたが、今は人気のミクロラスボラ・ハナビと混泳させている。ミクロラスボラはミャンマーかどこかの熱帯魚らしいが、アマゾン出身のコリドラスとも相性が良く、特に喧嘩をすることもなく仲良く暮らしている。

昔、カージナルなどの大きめのテトラは餌の時間になるとコリドラスを威嚇したり突っついたりしていた。しかし、今よく考えてみると、混泳魚をミクロラスボラ・ハナビに変えてからはそんな光景を目にしなくなった。

また、一時はベタや金魚(ピンポンパール)とも混泳させていた。しかし、この混泳は失敗だった。ベタや金魚は食欲が旺盛で、自分の餌だけではもの足りず、砂利の上にあるコリドラス用の餌まで食べてしまっていた。

あの大きいコリタブさえもどんどん突っついて食べてしまうのだ。崩れて小さくなると、一口に飲み込んでしまう有様・・・。その点、ハナビは突っついて食べる程度。コリドラスが近寄るとすぐ逃げるので、コリドラスが餌にありつけないなんてこともない。

ミクロラスボラ・ハナビの魅力は、その美しさもさることながら、やはり水槽内で繁殖ができる点だろう。うちはまだ繁殖に成功できていないが、それでもテトラよりは繁殖の可能性があるんじゃないかと思って飼育している。もう少し待ちたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚の東錦(メス)とオーロラ(オス)のお見合い。繁殖する?

 

トリートメント水槽に入れっぱなしだった東錦を、オーロラのいる水槽に入れてみた。東錦はオーロラのいる水槽に入れても全く動じない。東錦はどうやらメスらしく、性格もかなりおっとりしている。

この東錦は目がかなり悪い。生まれつきのものなのか病気のためなのかは分からないが、目の前に餌が落ちても気づかない。よくこれでここまで太ったなとも思うのだが、風貌がマツコ・デラックス並にぼってりしているので、この金魚はこの金魚なりに餌を十分食べてきたのだろうと思う。

とはいえ、2匹は仲良し。しばらく塩水浴は必要だが、この調子ならこの2匹は混泳できそうだ。

この2匹を見ていると、何故か「夜更かし」のマツコと村上を連想してしまう。ボテッとした東錦がマツコで、シュッとしたオーロラが村上。水槽でも、シュッとしたオーロラのがマツコに気を使っている感じだ。

この2匹、禁断の繁殖をするのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚と熱帯魚の混泳は可能? 不可能?

金魚と熱帯魚の混泳は可能か不可能かと聞かれれば、自分なら「可能」と答える。理由は簡単で、経験上、普通に可能だったから。

金魚と熱帯魚の混泳は難しいとよく言われるが、自分の感覚ではむしろ簡単な印象。特に気をつけることも無かったし、既に1年以上経過しているが、金魚も熱帯魚(テトラ)も無事に飼育できている。

これがただ単に幸運だったのか、たまたま混泳できていただけなのかは分からない。しかし、同じ水質、水温の水で飼育できている魚同士。普通に考えれば混泳できるはずだ。

動画はうちの金魚(オーロラと浜茜)と熱帯魚(テトラ)の混泳水槽。水槽を減らす過程でやむなく混泳となったわけだが、当初の心配もどこ吹く風でうまくいっている。

個人的感想では、金魚と熱帯魚の混泳の成功の秘訣は、それぞれの性格を見極めることが大事だと思う。金魚も穏やかな金魚もいればそうでないのもいる。熱帯魚もそうで、縄張りを持つ種類は攻撃性が強いし、逆に臆病な小魚もいる。

金魚と熱帯魚を混泳させるなら、先ずは金魚の様子をよく観察したほうがいいと思う。熱帯魚を入れてみて、金魚がその熱帯魚を「エサ」と見なすかどうか。追い回すかどうか。しばらく観察してみて、金魚が関心を示さなかった場合、大抵その混泳は可能だと思う。

熱帯魚のほうは俊敏な動きで逃げることができるかどうか。金魚が近づいてきてもサッと逃げることができるか。金魚の場合、桜錦や桜東など透明鱗系の金魚は「視力が悪い」個体も多い。そういう金魚は目の目を通り過ぎる熱帯魚をエサと勘違いすることがある。俊敏な動きができれば、こうしたケースでも大抵は難なく逃げることが出来るわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚と熱帯魚(テトラ)が混泳、混浴出来る件

昨年末より金魚水槽で金魚と混浴してもらっているテトラ(ディープレッドホタルテトラ)。

2匹の金魚(浜茜、オーロラ)は何れも10センチ越え。オーロラに至っては15センチ越えだ。でも、テトラには無関心。オーロラ(オス)が浜茜(メス)を追い回すことはあっても、何故かテトラには無関心。食べられることもなく、自分でも不思議なくらい無事に混泳出来てしまっている。

金魚水槽なのでもちろんヒーターも無し。水換えの時に水を温かくして入れてはいるが、水温が低いことに変わりはない。でも、テトラにとっては問題なかったようで、ついに越冬した。

室内設置の水槽、20度を少し切るぐらいの水温なら、熱帯魚はヒーター無しでも飼育できるようだ。

それにしても、このテトラ(ディープレッドホタルテトラ)は図太い。隠れ家にミクロソリウムを入れてやっているのに、そこには入らず、周りに何もない水槽のど真ん中に居座っている。

「金魚と熱帯魚は混泳できない」や「熱帯魚はヒーターが必要」などの一般論には、あまり振り回される必要は無いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちるエビ、レッドビー・ルリーシュリンプには酵素添加が有効?

オレンジルリーシュリンプ

砂利水槽で混泳水槽。ルリーシュリンプですら落ちる環境にも関わらず、無謀にもレッドビーシュリンプを飼育する。当然ながら、週に1匹、2匹と落ちていき、数ヶ月もしないうちに全滅してしまった。

そんなことを何度か繰り返していたある日、金魚水槽の浄化のために入れていたエコ・エクセレントという「酵素」の水質添加剤を入れてみた。熱帯魚、特にシュリンプ類は小さいので余計なものは入れないほうが良いと思っていたけれど、これが意外にも効果てき面だった。

なんと、影響が無いどころか、じっとして動かなかったレッドビーシュリンプ、ルリーシュリンプが、いきなりツマツマし出したのだ。

今まではレッドビー、ルリーがじっとして動かなくなり、次第に落ちていく原因がよく分からなかったけれども、もしかしたらアンモニアや硝酸塩など、水質悪化のせいだったのかもしれない。

底面ろ過と背面ろ過で水槽設置も5年と、飼育水に関しては完璧に出来上がっていると自負していたけれども、コリドラスやミクロラスボラなどとは違い、レッドビー、ルリーシュリンプにとっては、その水質浄化の許容限界値が違っていたのかもしれない。

「酵素」とは、いわゆる硝化細菌による生物ろ過とは違うサイクルで水質を浄化するらしい。つまり、これを入れることにより、うちの水槽には今までの硝化バクテリアによる水質浄化サイクルとはまた違った「第2の浄化サイクル」が加わったわけだ。

この酵素剤を入れたことにより、水槽の水質が今まで以上に改善したのかもしれない。まあ、試験紙的にはあまり変化は見られないのだけれども。よく行くショップの人も「添加剤によって有機物が増えたからかもしれない」とは言っていた。けれども、エビが落ちなくなったことだけは確かだ。

いずれにしても、この酵素剤を添加してからは、ほぼレッドビーもルリーシュリンプも落ちなくなった。水換え(週に1/3)の影響と思われる落ち方はまだあるけれども、以前のようにじっとして動かなくなったり、無条件に毎日のように横たわるエビを見ることは無くなった。

砂利水槽や混泳水槽などでレッドビーシュリンプやルリーシュリンプを飼育している人も多いと思う。もし、同じような環境でエビを飼育している人で「頻繁に落ちる」ことで悩んでいる人がいるなら、一度試してみるといいかもしれない。

ちなみに、酵素剤の製造元は京都大学や信州大学と共同研究しているらしいので、モノは確かだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)