金魚グッズ

金魚坂女将の本「金魚のはなし」が面白い!!

本郷、東大赤門前にある老舗の金魚屋さん、「金魚坂」の7代目女将である吉田智子さんが話す「金魚のはなし」。

本の魅力は、なんといっても金魚にまつわる様々なエピソードが出てくるところ。「金魚坂」は江戸時代から続く金魚一筋350年の老舗だけに、戦前戦後の様々な苦労した話や、昭和の金魚が人気絶頂だった頃の話、金魚売りとして赤坂や上野まで歩いたことなど、様々な「金魚のはなし」が出てくる。

また、本を読んで初めて知った事だけれども、「金魚坂」というのは併設しているレストランの名前らしい。自分はこの金魚屋さんのことを「金魚坂」と呼んでいたけれども、正式には「吉田晴亮商店」と言うのだとか。

一般の金魚の本と違い、この「金魚のはなし」は女将の様々な経験が語られていて楽しい。先代や先々代から聞いた話として載せられているエピソードも興味深く、金魚は花柳界に人気があったことや、かつては「金魚玉」と呼ばれるガラスの球に金魚を入れて売っていたことなど、読んでいると知らない話がどんどん出てくる。

まるで、金魚坂女将による講演会や座談会に参加しているようだ。

この本、金魚好きの人ならかなり楽しめると思う。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚姫こと楪いのりのフィギュア! 金魚のアイドル!?

金魚姫こと、ギルティクラウン「楪いのり」の完成品フィギュア。金魚のヒラヒラ加減を見事に再現していて、かなり完成度が高い。金魚のアイドルがいるとしたら、まさにこんな感じかも。

ラストレーターredjuiceのイラストも凄いけど、その書下ろしをここまで再現しているグッスマもある意味凄い。表情が若干、楪いのりっぽくない気がしなくもないけど、金魚のフィギュア、金魚姫としては十分満足できる出来だ。

飯田琉金のような色鮮やかな赤と、東海錦やオーロラ、土佐金のように長く伸長したヒラヒラ。楪いのりを金魚に例えるなら、桜オーロラといったところか。

金魚ファンとしてはこのフィギュアは外せないところ・・・か?

□□□
ギルティクラウンとは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金魚Tシャツでバレンタイン?! 今年の夏は和風プリント!!

炎の金魚和柄Tシャツ

今年の夏は和風、和柄の金魚Tシャツでいこう思う。

まだ冬だけど・・・。

冬だけにTシャツが安く売ってた。金魚も冬はシーズンオフ。セールで何かいい金魚がないかと検索してたら、金魚は金魚でも金魚Tシャツが出おったよ。

でも、こういうTシャツ・・・金魚のTシャツなんて、セールでもされてなきゃ絶対目に入らなかったと思う。和柄Tシャツの会社、ナイス!って感じ。

炎の金魚Tシャツ・・・だとか。

長い尾ヒレが東海錦のようだ・・・。

新波金魚 和柄Tシャツ新桜金魚

一方、こちらの金魚Tシャツはより和風なプリント。「波金魚」に「桜金魚」だって。どうせなら桜錦にすればいいのにね。もっとも、デザインしてる人もそれほど金魚に詳しくないんだろうけど。

黒のほうはかなりビビットで目立つけど、青のほうはいい感じに侘びていてなかなかグッド。セールだけにどんどん良い色が売り切れてるみたい。

バレンタインにTシャツを送るってのもアリかもね。まあ、冬にTシャツってのも変な話かもしれんけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)