照明 LED

ベタもメダカも楽アクア!? 照明設置で見違えるほど明るく!

楽アクア


ベタやメダカなどを飼育する水槽にジェックスの「楽アクア」を使っている人も多いだろう。楽アクアは水換えがとても簡単な水槽。上から新しい水を足すと、その分だけ古い水が下から後ろのタンクにたまる。あとはその古い水を捨てるだけなので実に便利だ。

でも、一つだけ欠点がある。水槽の構造上、水槽の上に照明を設置しづらいのだ。インテリア性を高めるためか、水槽の上部に化粧蓋のようなものが付いている。これがあるとないとでは確かに見栄えが全然違うのだが、いかんせん、この蓋が邪魔をしてアクア用の照明が設置できないのだ。

しばらくはそのまま照明無しで使っていたのだが、ふとデスクライトが使えるのでは?と思い照らしてみると、これが、思いのほか明るくなった(当たり前だけど)。

楽アクアと照明

照明を付けて初めて気づく・・・。

自分の育てていたメダカ、そして、その稚魚の色が綺麗な白だったことを・・・。

ちなみにうちのデスクライトはエレコムわけありショップで買った格安のLEDデスクライト(LEC-SN01)。格安なのに270ルーメン1200ルクスという明るさ。多少背が高すぎたけれど、楽アクアには十分すぎる明るさ。見違えるほど明るくなった。

デスクライトはピンキリなのでどれが良いとも言えないが、やはりルーメンやルクスで明るさはチェックしてから買ったほうがいいかもしれない。昔あった小型水槽用の7W蛍光灯でも、ルーメンに換算すれば500ルーメンはあるので、それを考えれば、やはり明るいに越したことはないと思う。

というか、ジェックスも楽アクアを定番水槽にしたいなら、やはり専用の照明ぐらい作らないと・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオコの作り方 室内水槽でも簡単に青水を作る方法

157

どうにかして欲しいと思うぐらいにアオコが大繁殖している我が家の金魚水槽・・・。

室内にある水槽で青水(アオコ)を作るのは難しいと考えていた。ましてや、室内の照明で青水を維持することなんて出来るはずがない・・・と思っていた。今までは。

しかし、実際問題、今もこうして青水として維持できてしまっている。

しかもこのアオコ、コケ取り剤がほとんど効かない。自分としては金魚水槽とはいえ青水になどしたくなかったので色々とコケ取り剤を試してみた。しかし、どれもほとんど効果が無かった。

唯一効果があった?・・・かも?なコケ取り剤が「ニューモンテ」と「スーパーアルジゴン」で、ジェックスのベストリキッドテトラアルジミンに関しては全く効果が無かった。唯一効果があったニューモンテも、入れるのを中断すると再び元に戻ってしまったし、スーパーアルジゴンに至っては、アオコに耐性ができたのか、途中から効かなくなってしまった。


水換え直後。でも青い・・・

 
前置きが長くなってしまったが、それではどうすれば室内水槽でアオコを作ることが出来るのかということなのだが、これがとても簡単な話で、照明を替えるだけで意外と簡単に青水、グリーンウォーターを作ることができてしまう。

青水(アオコ)の作り方は照明をADAのアクアスカイ(601)に変えるだけ。

うちは、それだけでコケが大量発生。そのコケ落としを繰り返すうちにだんだんと水が青くなり、終いにはエメラルドグリーンに輝くグリーンウォーターと化した。

金魚を青水で飼いたいと考えている人は試してみるといいかもしれない。嫌というほどコケ掃除に追われ、そして、青水と化すことだろう。

ADAのアクアスカイは水草水槽向けの照明で、光束が2,520~2,850ルーメンもある。一般的なLED照明が800ルーメンぐらいだから、光量は確かに強いといえば強い。しかし、それだけで透明だった水がここまで青水化するものだろうか・・・。

自分は照明をちょっと明るくしたいと思っただけなのだが・・・。

ADA恐るべしだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金魚水槽の照明をアクアスカイに変えたら青水、グリーンウォーターに!

グリーンウォーター水槽

 

アクアの謎・・・水槽の謎・・・ろ過の謎・・・。

金魚水槽の照明をアクアスカイに変えたら、水が青水、いや、アオコ・・・グリーンウォーターになった・・・。

金魚水槽の照明をLEDにしようと思い、どうせなら明るいアクアスカイ(601)にした。すると、光量が強いためか、コケが大発生した。あまりにもコケの発生が凄まじいのでコケ取り剤(テトラアルジミン)を投入したところ・・・。

ガラス側面のコケは除去できたものの、水がグリーンウォーターになった。

水が緑になることは「青水」と言ったり「アオコ」と言ったり、あるいは「グリーンウォーター」と言ったり様々だけれども、特に変な臭いはしないのでおそらく金魚飼育でよく耳にする「青水」、あるいは「グリーンウォーター」と呼ばれるものなのだろう。

60規格水槽で15センチ弱の金魚2匹だから、環境的には過密とは言えないレベル。また、餌の量も1日1回少量なので決して多いとは言えない。そもそも、照明を変える前はコケの発生もゆるやかだった。

つまり、グリーンウォーターの原因はアクアスカイの照明以外には考えられない。

アクアスカイに変えた時、あまりにもコケが出たので1度だけ殺藻剤(スーパーアルジゴン)を使った。その後、水換えを繰り返すうちにその効果も薄れ、再びコケが出始めた。そこで、今度は別のコケ抑制剤(テトラ アルジミン)を試しに使ってみた。

スーパーアルジゴンの時と同様、テトラアルジミンでもガラス面に付くコケは抑えられた。しかし、今度は何故か水が緑に色づいてきた。薬品である殺藻剤でろ過が崩壊したのか?とも思ったが、検査薬的には異常なし。なぜ・・・?と色々考えたのだが、やはり元凶はアクアスカイの強い光量以外には考えられない。

つまり、殺藻剤(スーパーアルジゴン)ではガラス面のコケ、アオコを抑制できるが、コケの抑制剤であるテトラアルジミンでは、コケは抑制できてもアオコまでは抑制できないというわけだ。

 

青水水槽

 

全てはアクアスカイの強力な光量のせいだろう。蛍光灯ではうまく管理できていたコケ、アオコの管理が、アクアスカイではその強い照明のためにそれが出来なくなった。ADAの水槽のように水草でも入れればアオコの発生も少しは抑えられるのだろうが、金魚ではそれも出来ない(食べられてしまう)。ちょっとお手上げ状態だ。

もう1度、殺藻剤(スーパーアルジゴン)を入れれば水も透明にはなるとは思う。ただ、スーパーアルジゴンには1つ欠点があって、主成分の乳化剤の影響なのだろうが、ガラス面がなんとなく白っぽくなってしまうのだ。池などではこの程度の欠点は全く問題ないのだが、水槽となると、この白い膜はなんとも邪魔に感じてしまう。

次はアオコに効くという酵素(エコエクセレント)でも入れてみようかと思案中だが、当面はこのグリーンな水槽でいくしかないだろう。もっとも、コケは付かないのでガラス面は綺麗。遠目にはエメラルドグリーンな水槽みたいで案外インテリアな感じがしなくもないのだが。

□□□
金魚水槽の茶&緑コケ対策にはスーパーアルジゴン!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクリル水槽&アクアスカイでおしゃれに金魚飼育!

アクリル水槽&アクアスカイ

新しい金魚水槽と照明。水槽はアクリル水槽で、照明はアクアスカイ601。設置はまだ未定だが、時間が出来次第リセットしようと思う。

どうせ買い替えるならお洒落でインテリアな水槽にしようと思い、水槽も照明も透明感のあるアクリルで統一してみた。今まで黒枠の野暮ったい水槽だっただけに、インテリア、おしゃれ度ではかなり改善したと思う。

水槽は底面と背面が黒板になっているアクリル水槽をチョイス。艶消しの黒板が良い感じだ。普通のバックスクリーンのような映り込みも無く、漆黒と言える黒さ。この背景で飯田琉金のような濃い赤の金魚を泳がせればかなり見映えすると思う。

照明はアクアスカイ601をチョイス。人気のADAだけにかなりお洒落。アクアスカイムーンが出たばかりで迷ったが、ベアタンクなら601で十分だと思いこちらを選択。明るさはやはり凄い。他のLEDとは次元が違う感じで、蛍光灯2灯よりも全然明るい感じだ。

アートアクアリウムのおしゃれな金魚水槽を見てから、金魚水槽に対する見方が多少変わった。今までは砂利や水草などを使ってより自然に近い形のレイアウトを目指してきたが、あの幻想的な水槽を見てからは、もっとシンプルに金魚そのものを見せる水槽のほうが良いような気がしてきた。

金魚は赤と白の芸術品みたいなもの。ならば、背景は限りなく黒に近いブラックが一番良いんだと思う。

□□□
金魚のベアタンク飼育に最適! 底面・背面黒板のアクリル水槽!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60センチ水槽用のLED照明で一番明るいのは?

水槽の照明が蛍光灯からLEDに変わりつつある。水槽用のLED照明が出てきた当初はどの照明も暗いものばかりだったが、最近はかなり明るいLEDも出てきた。水槽の照明を蛍光灯からLEDに変えようと思っている人は多いと思うが、今はもうその替え時かもしれない。

そこで、どのLED照明が一番明るいのか、または、どのLED照明が一番コストパフォーマンスに優れているのかを調べてみた。

明るさの指標は一般LED照明の「明るさ」の目安として使われている「ルーメン(lm)」を基準にした。しかし、水槽用LED照明を発売しているメーカーの中には、どういう訳かルーメンを公表しようとしないメーカーが多く、それ等のLED照明は調査の対象から外した。

■一番明るい水槽用LED照明は?


アクアスカイ・ムーン601

 

60センチ水槽用のLEDで一番明るい照明はADAの「アクアスカイ・ムーン601」であろう。その光束は4,250~4,450ルーメン。蛍光灯と比較すれば、明るさは20Wの直管蛍光灯4本分に相当する明るさだ。このアクアスカイ・ムーン601を6畳部屋などに吊るせば、計算上は十分に生活できてしまう明るさだ。

ただし、価格が25,000~29,000円と少々高め。高光量が必要な水草水槽にはおすすめだが、そうでない水草水槽や、金魚水槽等ある程度の明るさがあれば良い水槽では、むしろ明るすぎて不向きかもしれない。しかし、デザイン性は抜群で、ミラーユニットをセットしたその美しさは目を見張るものがある。

また、そこまでの高光量が必要で無い水槽なら、1グレード下の「アクアスカイ601」という選択肢もある。アクアスカイ601は従来のADAの主力商品だったLEDで、その光束は2,520~2,850ルーメン。蛍光灯との比較では、明るさは20Wの直管蛍光灯2.5本分に相当する明るさだ。

60センチの水槽セットでよく付属している照明が「20W蛍光灯1本」であることを考えると、アクアスカイ601は、その約2~3倍近い明るさということになる。こちらは価格が15,000円と多少リーズナブル。デザインの良さ、明るさを考えれば、決して高い買い物ではないだろう。金魚水槽でも一考の余地はあると思う。

スポンサーリンク

 

■安くて明るいコストパフォーマンスが良いLED照明は?


ジェックス クリアLEDパワーⅢ 600

 

数あるメーカー、数あるLED照明の中で、一番コストパフォーマンスに優れていると思う照明が、ジェックスの「クリアLEDパワーⅢ 600」だ。その光束は1,000ルーメン。蛍光灯と比較すれば、20Wの直管蛍光灯1本分に相当する明るさだ。

動画では20W蛍光灯2本分と説明。しかし、20Wの直管蛍光灯の明るさが約1,100ルーメンであることを考えると少しおかしい気もするが、明るさの指標はルーメンだけではないので、もしかしたら本当に20Wの蛍光灯2本分の明るさがあるのかもしれない。

いずれにしても、同じジェックスの定番照明「クリアライトCL601」とほぼ同じか、それ以上の明るさとなるので、クリアライトで十分な明るさだと感じているのなら、このLEDは使用上そう不満は無いものと思われる。

安くて明るいLED照明という点では、コトブキの「フラットLED 600」もおすすめ。こちらは光束が825ルーメンとやや劣る(最近1130ルーメンにバージョンアップ)が、ジェックスの「クリアLEDパワーⅢ 600」に比べるとスリムなデザインとなっている。上部フィルターなどを使っている人にとっては、この「スリムさ」はかなり魅力かもしれない。


コトブキ フラットLED600

 

ジェックスの「クリアLEDパワーⅢ 600」にしろ、コトブキの「フラットLED600」にしろ、照明器具としては本格的な水草水槽には向かないかもしれない。しかしながら、ミクロソリウムやアヌビアス・ナナなど耐陰性のある水草であれば十分に育てることは出来ると思う。また、いずれも枠あり、フレームレス両対応なので便利だと思う。

■まとめ。

本格的な水草水槽であるならADAのアクアスカイ・ムーン601がおすすめ。その他の水草水槽や金魚水槽などで、デザイン、明るさを重視するならアクアスカイ601がおすすめ。そうではなくて、とにかく安くて蛍光灯並みの明るさがあれば十分という人には、ジェックスの「クリアLEDパワーⅢ 600」、あるいはコトブキの「フラットLED600」が現段階では一番おすすめだ。

金魚水槽をメインとしている自分にとっては、ジェックスの「クリアLEDパワーⅢ 600」が明るさもあり、枠あり水槽にも設置できる点でとても便利だと思う。

□□□
ADA 公式サイト
ジェックス 公式サイト
コトブキ 公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)